バックナンバー
 
 
 

2016年〜2013年〜2015年2013年〜2010年〜2012年|2007年〜2009年|2006年以前

↓2009年度出版↓

食べもの文化 12月号 No410

 
特集:第24回 食と健康を考えるシンポジウム【東京開催】より
   子どもに「させる」のではなく、
   自ら喜んで「する」食事・食卓に

 

食育に取り組むための6つのポイント(保育園の食育文化)

 新村洋史

新ガイドのおさえどころ(授乳・離乳の支援ガイド)

 小野友紀
赤ちゃんは身をもって家族みんなに訴えている(食物アレルギー)  角田和彦

「させる」でなく「する」食事に(食卓と子どもの心)

 室田洋子

会場のみなさんと意見交換

 
     
食べもの文化12月号
  一覧へ

11月増刊 雑草が大地を救い食べものを育てる
 
片野學著/A5判/88頁/定価 本体1000円+税

雑草は、農業の敵と言われてきましたが、
本当にやっかいなだけの存在でしょうか?
雑草が地球上に誕生したのは、人類より後です。
雑草は、なぜ誕生したのか?
雑草の果たしている役割・意味は私たちの食の基本にまでつながります。
 
【主な内容】
 

 はじめに
  1 自然農法との出会い
  2 日本の農薬使用量は世界一
  3 自然農法で農業の経営は成り立つのか
  4 雑草の、この偉大な働き
  5 地球温暖化と食糧危機
  6 人は何を食べたらいいのか
  7 よく噛むことの大切さ
 おわりに

雑草が大地を救い食べものを育てる
  一覧へ

食べもの文化 11月号 No409

 
特集:
たんぱく質 摂り過ぎているの?
    −基準の量とくらべてみると−

 

動物性たんぱく質は摂り過ぎか

 編集部

たんぱく質ってなんだ?

 眞鍋穰
保育園の給食・適切なたんぱく質を
 〜わかくさ保育園の実践
 末次敦子

大人1日たんぱく質60gの献立例

 小出弥生

「ごちそう」はたんぱく質の摂り過ぎ!?

 岸美恵
     
トピック
名古屋市中3男子焼身自殺について
 〜アトピー性皮膚炎といじめ事件〜
 新村洋史
食べもの文化11月号
  一覧へ

食べもの文化 10月号 No408

 
特集:地場野菜で豊かな食育
    −なにわの伝統野菜の復活から
  森下正博

 

野菜はどこから来たの?
なにわの伝統野菜が復活した!
伝統野菜による食農教育が盛んに
伝統野菜をどのように食育に取り入れるか
なにわの伝統野菜で地域が元気に
人々の和をきずき、地域に全国に広げよう
     
トピック
『平成21年版食育白書』を読んで
 海野りつ子
食べもの文化10月号
  一覧へ

9月号別冊 食とコミュニケーション 発達と援助
 

山崎祥子著/A5判/116頁/定価 本体1238円+税

「食」は「コミュニケーション」そのもの。
言語聴覚士の著者が、豊富な臨床経験から発達にあった援助を提案します。
哺乳はコミュニケーションの始まり、離乳期は咀しゃくの練習期間です。
「噛まない」子・「丸飲みする」子・「飲み込もうとしない」子など咀しゃくの問題に答えます。

 
【主な内容】
 

◆はじめに
 言語聴覚士って?/食べることから始まる口の機能の発達とことばの発達の関係
◆摂食動作とその発達
 摂食動作――食べたものを認識する・口へ取り込む・咀しゃくする・他/
 飲み込むときに危険がある/摂食機能の発達――離乳期は咀しゃくの練習期間・食べ方を確立する幼児期・他/
◆コミュニケーションの発達◆ 問題はなぜ起こる?――摂食障害の要因
 感覚運動体験の不足/不適切な食環境/形態の異常 自分の持ちものを上手に使うことを心がけて
◆食のさまざまな問題――離乳食中期の重要性と幼児期以降の問題点
◆問題に取り組む前に――摂食指導の目的と問題点への視点
 食環境からの働きかけ――改善のためにはどこに注目すればいい?/椅子・テーブル・介助用のコップ・他
◆健全な発達を目指して――問題改善への取り組み 
 強制は禁物/家族で食卓を囲む大切さ/育児雑誌に惑わされないで
◆Q&A 食べることとコミュニケーションを上手に導くために

 

食とコミュニケーション 発達と援助
  一覧へ

食べもの文化 9月号 No407

 
特集:赤ちゃんの食 大切にしたいこと

 

赤ちゃんの食はコミュニケーションのスタート

 吉田シズ子

乳幼児の食事と電子映像メディア

 内海裕美
  親子でかかわれない!かかわりを持ちづらくなった社会  増山均

「慣らし保育」の中で−あれっ!それって、ちょっと!

 菊池千鶴子
 

赤ちゃんの初めてのひと口−保育園で、家庭で

 吉田・高橋・鈴木

ベビーフードは食べるけど園や家庭での手作りは食べない?

 小野友紀

お母さん、そのままでいいのよ

 近藤初江
コラム・こんな時、あんな時  山崎祥子
食べもの文化9月号
  一覧へ

食べもの文化 8月号 No406

 
特集:子どもと作ろうカンタン料理

 

“蒔かぬ種は 生えぬ”―食事づくりで心の通い合い

 加古明子

夏休みに役立つ!保育園での食事づくりのお手伝い
「洗う、ちぎる、切る、茹でる、煮る」を身につけます

 木村容子
  三角巾とエプロンで、表情もガラリ  伊藤幸恵

親子でにっこり。家庭での食事づくりのお手伝い
大切な気持ち

 和田希和子
 

こんなきっかけ、あんなきっかけ

〈ペンネーム〉ショコラ

夏休み☆子どもと作るお料理レシピ@

 上橋俊子

夏休み☆子どもと作るお料理レシピA

 武田悠子
     
トピック】
子どもの歯ぐきの黒ずみ・むし歯と家族の喫煙の関係
 小石剛・岡崎好秀
   
特別寄稿
人ごとと思ってほしくない「脳アレルギー様症状」
 福井早智子
食べもの文化8月号
  一覧へ

7月号別冊 保育園・幼稚園ですすめる食育の理論と実践
 

小川雄二編著/B5判/116頁/定価 本体2000円+税

保育所保育指針の改定により、食育の取り組みが求められるようになりました。
では、いったいどのように食育をすすめればよいのでしょう。
本書では、食育をすすめる上での「理論」と多彩な「実践」を紹介しながら食育のすすめ方をわかりやすく解説します。
年間計画表やアンケートの事例付きで食育計画の作成に役立ちます。

 
【主な内容】
 

1章 保育園・幼稚園ですすめる食育
   幼児期の食育の目標/保育所保育指針・幼稚園教育要領と食育
   めざす子ども像につながる食育/保育園・幼稚園における食育のすすめ方

2章 食育活動のすすめ方
   園での食育活動とは?/まず、現状を見直してみましょう/食育活動の体制/食育計画の作成

3章 食育活動の実際
   まず始めよう、給食時間の見直し/食育実践の紹介

4章 家庭・地域との連携

5章 園の食育環境の充実

 

保育園・幼稚園ですすめる食育の理論と実践
  一覧へ

食べもの文化 7月号 No405

 
特集:清涼飲料―「ゼロ」製品の中身を知る!

 

“ゼロ”と表示している10商品の中身

 編集部

ペットボトルのお茶
 ―いつも同じ味、同じ香りの不思議

 渡辺雄二

おいしくなっている水道水

 水野安善
参考資料】清涼飲料にはこんなに糖分が入っている!
―清涼飲料の栄養成分表示・糖度一覧
   
特別寄稿 脳アレルギー!?
 〜食物アレルギー反応で『鬱症状』を発症した私A
 福井慎子
食べもの文化7月号
  一覧へ

食べもの文化 6月号 No403

 
特集:子どもの味覚や嗜好を育てる

 

食べものが好きになるしくみ
 ―味覚のしくみと嗜好の発達

 小川雄二

ここちよさが嗜好を育てる

 室田洋子

嗜好を育てる保育園の実践

 
   I だって、楽しいもん  山内千賀子
    II 脳が食べている“苦味”  島本一男
    III 「おいしい〜!」を育てるために  菊池千鶴子
   IV 一緒に食べる楽しさ  目黒美津子
“うまい”を育てない市販のタレ・ドレッシング  編集部
動物たちの「食べ方」に学ぶ
 ―かれらの“おいしい”はどう育つ?
 中川志郎
   
特別寄稿 脳アレルギー!?
 〜食物アレルギー反応で『鬱症状』を発症した私
 福井慎子
食べもの文化6月号
  一覧へ

5月増刊 食のマナー 子どもの自力育て
  ―食べることを支える知恵を培う
 
加古明子著/A5判/88頁/定価 本体1000円+税

マナーとは生きる姿勢そのもの――
人は学んで身につけ、身についたように生きていきます。
食卓で子どもと共有したいのは、形式や見た目ではなく、
他者への感謝と尊重、そしてバランスよくの視点です。
子どもの自力育てを基本に、子どもの食のマナーについて考えます。
 
【主な内容】
 

1 「食の変化」と「食の知恵」
   脈々と受け継がれる食の知恵
   食の変化が民族の伝統的体質を変える?
   日本人にも起きている食の変化
2 食のマナーとは
   しつけを支える三つの原則
   保護者への効果的なアプローチ
   割れる食器を使う意味
   魚を与えるか、漁を教えるか
   子どもたちの長い人生を考えて
   無駄もムラもあっていい、大事なのは選択力/他

食のマナー 子どもの自力育て
  一覧へ

食べもの文化 5月号 No402

 
特集:食事の基本―何をどれくらい食べればいい?

 

知りたいこと、実践したいこと

 伊藤美代子
  @ 1日の食事量の目安/A1回の食事量の目安/  
  B脂質エネルギー比20~25%の食事は?/  
  C朝昼晩の食べ方のポイントは?  

主食・主菜・副菜のバランスのとり方

 編集部

主食・主菜・副菜の組み合わせ

 西部典子
仕事・活動・休養・食事・睡眠のバランスとリズムで
心と体に心地よい生活スタイルを
 服部真
保健所の栄養指導を受けて健康改善  森田憲一郎
一病息災―食事バランスを3週間の入院で体得  伊藤光子
   
特別寄稿 皮膚炎だけではないアトピー症状
      ―脳アレルギー的症状を経験して
 福井慎子
      〈生活全般の化学物質を見直しましょう〉    福井早智子
食べもの文化5月号
  一覧へ

4月号別冊 食物アレルギー 除去と解除の基本
 

眞鍋穰著/A5判/112頁/定価 本体1333円+税

食物アレルギーの基礎知識、消化・吸収の仕組み、食物アレルギーの症状がどの程度の原因食物の摂取で起きるのかなど解きながら、Q&Aで除去と解除の実際をわかりやすく伝えます。
「ちょっとひとこと」では、マスコミ報道の疑問について解決します。

 
【主な内容】
 

第1部 食物アレルギーの基礎知識
 第1章 食物アレルギーとは?
 第2章 乳幼児の消化吸収と栄養の特徴
 第3章 除去食はどのレベルまで必要か?
 第4章 主な食物アレルゲンの特徴と除去、解除の仕方
 第5章 解除の仕方
 第6章 保育園での食物アレルギーへの対応

第2部 食物アレルギーQ&A どうして?こんなとき、どうすれば?
 自分ひとりで悩まないで!―患者会の活動
 ちょっとひとこと

 

食物アレルギー 除去と解除の基本
  一覧へ

食べもの文化 4月号 No401

 
特集:新入園児も楽しいおいしい給食
    ―わが園での工夫―

 

園の職員みんなが共通意識をもつために

 伊藤美代子

父母への食の支援―不安をなくすために―

 秋山和代

新入園児が喜ぶメニュー その1

 小川美智子
新入園児が喜ぶメニュー その2  鈴木ゆかり
新入園児の保護者が不安だったこと・うれしかったこと
   
保育園からの情報発信
 ―平成20年度西保連保育研究大会保育部会での報告から
   富士みのり保育園 橋本珠江
 
食べもの文化4月号
  一覧へ

食べもの文化 3月号 No400

 
特集:食卓から食べものがなくなる!?

 

日本の食糧はいま
 ―グローバルの仕組みの現状これから

 山本博史

日本の農業への心配と期待

 中島紀一

畜産業の現状と消費者の課題

 大木茂
水産業・水産物の現在と課題  廣吉勝治
安全な加工食品がなくなる!?  天笠啓祐
安全な外食ができなくなるのか
 ―不況による低価格志向と安全性確保との相克
 甲斐諭
「絵に描いた餅」になりかねない政府の「農政改革」  坂口正明
資料  
食べもの文化3月号
  一覧へ

2月号別冊 食卓から見える子どもの心・家族の姿
 

室田洋子著/A5判/100頁/定価 本体1238円+税

時代が変わるにつれて、子どもたちと家族の姿も変わってきています
そして、そこから発信されるのは「食」の問題です
「食卓」は、心理的な場所、人間関係を凝縮した場所――
子どもの心の発育に影響する“食卓の四つの要素”をもとに
日常の「普通」の食卓の大切さ、食を通した心育てを探ります

 
【主な内容】
 

1 食卓の心理的な意味
 食事は子どもの問題を捉えるポイント
 絵から見える変わってきた食卓
 多様な「普通」が存在する現代 ほか

2 心の発育に影響する「食卓の四つの要素」
 @ 相手―一定の人と食べる
 A 距離―本音がわかる近さ
 B 時間―どれくらい一緒にいる?
  C 頻度―繰り返しの中でつくられる「普通」の質

3 「コ食」が引き起こす現代の問題
 「個食」「孤食」「子食」「粉食」そして「固食」
 「今日はサンマだよ」でいい
 「普通の食卓」が持つさまざまな力 ほか

4 保育の柱に「食」をすえて
 個食化時代の給食の役割
 「ままごと」が「ほんごと」になるのが食
 保育園も地域も子どもを育てるチームの一員 ほか

食卓から見える子どもの心・家族の姿
  一覧へ

食べもの文化 2月号 No399

 
特集:食物アレルギーと保育園

 

 

アトピー性疾患の原因と治療

 眞鍋穰
 

アレルギー除去食に取り組んで
 ―二十数年の経験から―

 菊池千鶴子
 

アレルギーの子もみんないっしょに
楽しくおいしい給食を食べられるように

 ていねあすなろ保育園
食べもの文化2月号
  一覧へ

1月別冊 生きる力が育つ保育園の食育文化
―食育基本法・保育所保育指針改定とかかわって
 

新村洋史著/A5判/112頁/定価 本体1333円+税

ほんものの食育とはなにか、どうすすめたらいいのか― 食育基本法・保育所保育指針のポイントをおさえながら、 実践のための“食育計画づくり”がわかります。

 
【主な内容】
 

 I  ほんものの食育を進めるために
 I I  「食と心」―その発達あるいはその歪み
 III  食の人間形成の力(保育的価値・教育的価値)
 IV  食育基本法・食育推進基本計画の性格と問題点
 V   食育基本法・基本計画、保育所保育指針の主な内容
 VI  食育計画をどうつくるか―保育所保育指等とかかわって
 VII 食育の位置づけと生活・教育の国家統制の恐れ
 VIII 子どもの発達を保障するほんものの食教育

資料 児童憲章/食育基本法(抜粋)/保育所保育指針解説書(抜粋)

生きる力が育つ保育園の食育文化
  一覧へ

食べもの文化 1月号 No398

 
特集:早起き・早寝・朝ごはんのリズムを
   親子一緒につくりましょ!
  鈴木みゆき

 

    こんなに大事な夜の睡眠
    朝ごはんのすすめ
    早起きのすすめ
    早寝がうまくできるために

     

食で起きている事件の本質とは?消費者に求められる視点とは?

 天笠啓祐

「食料・農業・農村白書」を読む(下)

 笹野武則
食べもの文化 1月号
  一覧へ

↓2008年度出版↓

食べもの文化 12月号 No397

 
特集:子どもと保護者に寄り添う保育
    ―第23回 食と健康を考えるシンポジウムから

 

 新支援ガイドは「ゆっくり育てよう」に変わった  小野友紀
 食育を計画的・系統的にすすめるために
  小川雄二
 その子の口の発達段階をよく見てゆっくりと
  山崎祥子
 子育てが楽しくなる園に、国に
  岩倉政城
 本音で語ろう。みんなで話し合い

 

★「食料・農業・農村白書」を読む(上)

 笹野武則
食べもの文化 12月号
  一覧へ

11月増刊 安全なお米を食べ続けたい
 
食べもの文化編集部編/A5判/96頁/定価 本体1000円+税

2008年9月に起きた有害汚染米転売事件の原因は?お米は100%自給できるのに、なぜ輸入や減反をしているのか?このまま農業をする人がいなくなったら、国産米はどうなるのか?地球温暖化で、コメ作りはどうなるのか?―今、私たちにできること、子どもたちに伝えなければいけないことは?
お米と健康、ぬか・藁・籾殻の役割、米に関する漢字の語源など、お米と私たちの生活とのつながり、また、保育園での米作りの実践も紹介。
 
【主な内容】
 

有害汚染米の転売事件の経緯とその原因  天笠啓祐
 ●資料 汚染米(事故米)報道の衝撃日本列島を走る
世界の食糧・お米はいま  笹野武則
 ●グラフ解説 お米の生産量も消費量も減った
           減反し、輸入して自給率が低下
           ご飯を再び食卓の主役に!
主食のご飯の素晴らしさ  小川雄二
ごはんだけではない米のパワー―副産物の応用がいっぱい―  沢野勉
ことばが伝える 食べもの文化  加古明子
昭和20年代、藁のある生活  関口昭夫
保育園でも作ってます
   命の育つ“大地”を園のなかにも  島本一男
  田植え・実り・収穫・そして焼きおにぎり  小川美智子
  できたお米で五平餅、わらでしめ縄づくり  中部保育園
  モミの中はカラッポだった  冨澤智美
  おにぎりづくり、田植え〜食べるまで  玉水保育園
  お父さん、おばあさんはすごい!  山内千賀子
生産者と交流 親子米づくり体験で得た宝物  小田川千枝子
安心・安全な食料と「九条田んぼ」  岩渕望
国産のお米がなくなる!?そんな日が来ないために、あなたはどうしたらよいのか  中島紀一
地球温暖化 コメ作りへの影響と対応策  横沢正幸
  コラム  お米が日本にやってきた時
  コラム  いろいろなお米

安全なお米を食べ続けたい
  一覧へ

食べもの文化 11月号 No395

 
特集:保育園・幼稚園ですすめる食育の理論と実践

   小川雄二

 はじめに
 幼児期の食育の目標
 保育所保育指針・幼稚園教育要綱の改訂と食育
 めざす子ども像につながる食育の理論と実践
 園における食育のすすめ方
 食育計画作成の2つの視点

 
【第2特集】笑って感じて、ちょっぴり自信がわいた!

 「食と健康を考えるシンポジウム」【大阪開催】から

食べもの文化 11月号
  一覧へ

食べもの文化 10月号 No394

 
特集:“遊び食べ”で困っていませんか

 

“遊び食べ”の実際―家庭で、園で

 編集部
  《A》お腹がいっぱいだと遊んじゃう?―アンケートのお答えの共通点
  《B》アンケートの結果一覧(保育園)―“みんな同じなんだ”とちょっと安心
手づかみ食べは“遊び食べ”なのでしょうか  小野友紀
“遊び食べ”から考える子どもの発達  諏訪きぬ
     
食育実践報告  
Nドナルドへようこそ
―3、4、5歳、たてわりクラスのランチルームへの取り組み
 井上章子
食べもの文化 10月号
  一覧へ

9月別冊 文京区立保育園の楽しい食育・元気な食事
 

食べもの文化編集部編/B5判/96頁/定価 本体1714円+税

文京区立保育園の楽しい・元気いっぱいの食育の実践を紹介。
読み聞かせの保育と給食のお手伝いが結びついた、
そら豆やとうもろこしなど季節の野菜の皮むき、
調理師との関係がぐっと深まる“給食室体験ツアー”など…
栄養士、園長・保育士・調理師・父母が協力してつくりあげた、
わくわく、どきどき、うふふな食の体験がどっさりです。

 
【主な内容】
 

はじめに 
文京区立保育園の楽しい食育、元気な食事
食べものと親しむ

 季節の野菜の皮むき/季節の野菜パーティー/みんなでお弁当づくり/今日のお昼ごはんのワンポイント/野菜の種を探そう/
 お箸の正しい持ち方/かみかみ20/おおつかちゃんこ/手作りバターを作ってみよう/水族館バイキング/さかなくんの旅/
 乾物実験!/いろいろな米/豆の話/牛乳ビンで牛乳を飲んでみよう/自分でご飯をよそってみよう/春菊ってどんなにおい?
子どもが主人公の楽しい体験
 給食室体験ツアー/しあわせにんじん/食べものスタンプラリー/夏まつりの日の給食/食べもの屋さんごっこ/栽培による発見と収穫の喜び
家庭と園をつなぐ 旬を彩るサンプルケース サンプルケースから季節を感じよう
お楽しみ行事の中で 行事食とおやつ
 バイキング給食、クラスバイキング/思い出いっぱいリクエスト給食/ハッピーバースデイランチ/行事食/楽しいおやつの日
食育計画例/給食だより/献立予定表/資料 食育の推進(保育所保育指針解説書より)

文京区立保育園の楽しい食育・元気な食事
  一覧へ

食べもの文化 9月号 No393

 
特集:メタボ健診(特定健診・特定保健指導)で健康になれますか?

 

新しい健診制度とは

 柳澤尚代

メタボリックシンドロームだけが問題ですか?

 服部真
メタボリックシンドローム 数字のカラクリとウラ事情  大櫛陽一
国民が健康になるための保健医療制度とは  篠崎次男
     
トピックス  
なぜ「過労死」や「心の病」が急増したのか  渡名喜正
サマータイムはヒトにやさしくありません  神山潤
食べもの文化 9月号
  一覧へ

8月別冊 授乳・離乳の支援ガイドにそった離乳食
 
小野友紀著/B5判/120頁/定価 本体2000円+税

新しい離乳食の手引き「授乳・離乳の支援ガイド」にそった離乳食の本。
離乳食の基本、何が変わったの?果汁はどうしたら?かめない子・かまない子の問題は?
乳児保育の豊富な経験に基づきながら伝えます。発達に応じた離乳食のレシピ満載。
赤ちゃんの育ちを大切にした離乳食の本です。
 
【主な内容】
 

1 「授乳・離乳の支援ガイド」について
  ガイドにそった授乳の考え方
  ガイドにそった離乳食の考え方  
2 資料「授乳・離乳の支援ガイド」抜粋
3 授乳の実際 妊娠期・授乳期の母性栄養
4 離乳の実際

 (1) 離乳食をはじめるにあたって
   離乳食ってなあに?/いつ頃からはじめていつ頃終わるの?/離乳食の進め方/かむつまづきが起きないために/
   離乳食のポイント6か条/離乳食の進め方/他
 (2) 5〜6か月頃(前期)献立
 (3) 7〜8か月頃(中期)献立
 (4) 9〜11か月頃(後期)献立
 (5)12〜18か月頃(完了)献立
5 保育園でのアレルギー対応食―医師による診断書を重視して
6 かめない子・かまない子の問題
7 手づかみ食べのすすめ
8 ベビーフードより手作りがいい
9 体調が悪い時の離乳食
10 赤ちゃんに与えたくない食べもの・与える時期に注意する食べもの
11 スプーンと食器
12 0歳からの食育

授乳・離乳の支援ガイドにそった離乳食
  一覧へ

食べもの文化 8月号 No392

 
特集:夏に気をつけよう!熱中症

 

熱中症―その原因、症状、対処法

 有賀徹

こんな時、こんな人に熱中症が起きやすい
 ―乳幼児・青少年・(労働者)・高齢者の熱中症事例から

 小野雅司
熱中症にならないために  篠田格
保育園で、学童で、暑い夏こんな工夫で乗り切ってます
  ベランダや窓辺に緑のカーテン  大橋玲子
  プールには寒冷紗、麦茶で水分補給  吉田シズ子
  風と日陰と水と…  坪好子
  暑さなんかに負けないぞ  宅間仁子
熱中症―背後にある“からだ”の事情  野井真吾
食べもの文化 8月号
  一覧へ

食べもの文化 7月号 No391

 
特集:清涼飲料―商品コピー、ネーミングそのまま信じますか?

 

商品の健康イメージにとらわれすぎていませんか?

 小川雄二

野菜飲料(野菜ジュース)は野菜を食べたのと同じですか?

 編集部
野菜飲料にトクホがないワケ  渡辺雄二
最近の商品にみられる“付加価値”―清涼飲料の動向  編集部
清涼飲料の糖度・栄養成分一覧  編集部
     
トピックス  
米国産牛肉、ふたたび危険部位が検出される  天笠啓祐
食べもの文化 7月号
  一覧へ

食べもの文化 6月号 No390

 
特集:外国産「冷凍食品」急増がもたらしたもの

 

輸入冷凍食品は何が問題か?

 天笠啓祐

中国冷凍ほうれん草事件から
冷凍ギョーザ中毒事件まで

 八田純人
“土用のうなぎ”も要注意!
―輸入食品はどのように検査されているか
 笹井勉
中国における冷凍食品企業の安全性確保対策  甲斐諭
冷凍食品を使わない幼児のお弁当レシピ
―主菜と副菜
 赤津史江
手作り「水餃子」の作り方  中澤喜子
資料  
     
トピックス  
学校給食と冷凍食品  安藤節子
遺伝子組み換え小麦の開発が進んでいる  天笠啓祐
食べもの文化 6月号
  一覧へ

5月増刊 小麦は身近な食文化
  ―小麦の値上げが食卓直撃!
 
食べもの文化編集部編/A5判/96頁/定価 本体1000円+税

普段、当たり前のように食べているパン・麺・スパゲティ…小麦の値上げや生産量の減少で、いつまで食べることができるのか不安がつのります。昔から小麦は日本の風土に根ざした身近な食べものでした。小麦の郷土料理や、国産小麦を使ったスコーン・うどん・パンづくりなど、各地の小麦と暮らしの関わりを紹介。小麦の食べ方、農業、流通を、絵と数字でわかりやすく伝えます。
 
【主な内容】
 

I なぜ小麦が値上がりしたのか?
  なぜ小麦価格は高騰するのか?  天笠啓祐
  国内産小麦、外国産小麦の流通の仕組み  編集部
  資料  
II 給食現場と小麦生産現場から
  小麦などが値上がりするなかでもガンバル学校給食  有賀洋子
  小麦を作る、牛を育てる  長谷川良光
III 小麦と生活
  小麦の歴史、小麦の食べ方  齋藤泰子
  小麦は食品以外で、何に利用されているのか?  天笠啓祐
IV 暮らしから生まれた小麦の料理
  だご汁が生まれた気候・風土・食文化  桑原美沙子
  麩チャンプルに民衆のエネルギーを見いだす  桑畑美沙子
  風土が生んだ各地の小麦料理  資料提供・農水省
V 国産小麦ガンバル
  ハルユタカ、北の大地の力強さ  大類由美子
  地粉で作り続ける島田うどん  根本優
  国産小麦でおいしいパンを作っています  猪瀬浩
  柳久保小麦を復活させ、地域特産品を開発  東久留米市市民部産業振興課

小麦は身近な食文化
  一覧へ

食べもの文化 5月号 No388

 
特集:食事のときはテレビを消してみよう

 

食事中のテレビと子どもたち

 原陽一郎

過剰な映像メディアとの接触は「親子の絆」を障碍する

     田澤雄作
  ノーゲーム・デー/ノーテレビ・デーに取り組んで
 ―桑名市長島地区と宮城県大衡小学校の実践から―
  子どもが変わった家族が変わった
 〜ノーテレビ・デーに取り組んで〜
 吉田シズ子
  子どもをとりまくテレビ環境  編集部
食べもの文化 5月号
  一覧へ

食べもの文化 4月号 No387

 
特集:おやつを喜ぶ子、喜ばない子

 

おやつは、心のリフレッシュ

 加古明子

おやつ風景―保育園で、家庭で、学童保育で

  
   手作りだったらいつでもおいしいね  山崎治子
   子どもがよろこぶおやつ  楠由起子
   おにぎりっておやつ?―感覚に変化が  埼玉県保育園・保育士
   「おやつの時間」を大事にしたい  石井直美
   「やった!明日も学童来るね!」  大窟優子
   みーちゃんのおやつ  宇田川信子
おやつを食べ過ぎているのでは?  武田悠子
おやつの量はこれくらいに
 ―保育園のレシピから
 菊池千鶴子
おやつチェックリスト・データ  編集部
     
トピック】  
中国製ギョーザ中毒事件  安藤節子
食べもの文化 4月号
  一覧へ

食べもの文化 3月号 No386

 
特集:眠りと朝の光で生活リズム
   ―おいしい朝ごはんのもとを見つけよう
 

親と子の“睡眠・食事・活動”のリズム

 西部典子
大切なのは朝の光、とんでもないのは夜の光
ヒトは24時間同じに動いているロボットではない/朝の光は脳が欲しがる生きる糧/夜の光。脳にとって百害あって一利なし/夜ふかし朝寝坊では睡眠時間が減る/ヒトは寝て食べてはじめて活動できる動物/子どもの眠りについての誤解/成長ホルモンについての誤解/睡眠障害という言葉の誤用(「睡眠障害」についての誤解)/自分の身体の声に敏感になろう
 神山潤 
保育園や保護者のグループでやってみましょう
“ポストイット法”で問題解明
 編集部
     
トピック】  
バイオ燃料が食料を奪い、環境を破壊する(その2)  天笠啓祐
いまなぜ、学校給食法の「改正」か  新村洋史
食べもの文化 3月号
  一覧へ

食べもの文化 2月号 No385

 
特集:乳幼児と学童の食物アレルギー
   ―保育園・学校ではどう対応すればいいのか
 

A 乳幼児の食物アレルギーと保育園での対応について
  I 乳幼児の食物アレルギー
  II 園で初めて食物アレルギー児を受け入れるにあたって
  III 新しい保育所保育指針と離乳の支援ガイド

 眞鍋穰
B 小中学生の食物アレルギー・アナフィラキシーショックと
  学校での対応について
  I 小中学生の食物アレルギーの現状
  II 学校給食での食物アレルギー対応
  III 学校でアナフィラキシーが発症したときの対応
 今井孝成 
食べもの文化 2月号
  一覧へ

1月別冊 子どもの食のマナー
 ―おいしく楽しく 心地よい食卓から
 
食べもの文化編集部編/B5判/96頁/定価 本体1800円+税

「お箸をうまく使えない子どもが多いですが…(3歳児)」
「遊び食べばっかりしてなかなか食べない(2歳児)」
大人も子どもも「いっしょに食べておいしいね」といえる心地よい食卓から、子ども一人ひとりの発達に見合った食のマナーを伝えます。
 
【主な内容】
 

第1章 食のマナー 大人から子どもへ
  味は記憶 技は見まね  加古明子
   1・発達盛りは仲間に入り込む  2・古くても新しい知恵へ
  「食事マナーの崩れと社会的背景」を考える  新村洋史  
第2章 食のマナーお困りごと
  1・まだ赤ちゃんだもの…―0、1歳児のお困りごと
    大人はどのように食べさせたら?/手づかみ食べ/口に入れたものを出す/他
  2・マナーができていない?―2歳児以降のお困りごと
    立ち歩く/遊び食べ/おしゃべり/食前の手洗いの習慣は/他
  3・スプーン、お箸のお困りごと
    お箸はいつから/スプーンの選び方/仕切り皿/他
  4・大人主体の子育てグッズ、どう考えれば?
    矯正橋/テーブルに固定する椅子/他
  5・食事どきのテレビのお困りごと
    テレビを見ながら食事はだめ?/テレビをつけないと食べません/他
 資料 楽しく食べる子どもに(厚生労働省)・食のマナー楽しいおたよりづくりカット集

子どもの食のマナー
  一覧へ

食べもの文化 1月号 No384

 
特集:フォローアップミルクは必要なの?
 

フォローアップミルクについて保育園に聞きました

 
自然流育児から見たフォローアップミルクなどの?  真弓定夫 

フォローアップミルク―その種類と中身
 フォローアップミルクの変遷と内容
 フォローアップミルク商品別成分一覧

 編集部
フォローアップミルクの成分―今と昔の比較  編集部
鉄分が十分に摂取できる離乳食レシピ  鈴木ゆかり
     
トピック】
大豆イソフラボンの効用をおしあげる風潮について
 垣田達哉
食べもの文化 1月号
  一覧へ

↓2007年度出版↓

食べもの文化 12月号 No383

 
特集:
第22回食と健康を考えるシンポジウム【東京報告】
   笑って、語り合って、考えて
    ―いま生きる子どもたちの健やかな成長を願って
 

ゆったりとした気持ちで、その子の発達にあった援助を

 山崎祥子
自律神経と前頭葉の発達不全を治す4つの提案  野井真吾 

あたたかいコミュニケーションのある食卓

 室田洋子
保育園で、食物アレルギーにどう対処するか  眞鍋穰
質問コーナー/離乳食、おしゃぶり、アトピー
        …どう考える?どう援助する?
     
トピック】
バイオ燃料が食料を奪い、環境を破壊する
 天笠啓祐
食べもの文化 12月号
  一覧へ

11月増刊 笑いと食と健康と
 
昇幹夫著/A5判/96頁/定価 本体1000円+税

笑えば笑うほど、ガン細胞をやっつけるNK細胞が活性化する!
笑い・食・健康をキーワードに、日本笑い学会副会長・産婦人科医である著者が、生活習慣病をよせつけない、笑いのある楽しい生活を提唱します。
★2007年夏「食と健康を考えるシンポジウム」東京開催の全体講演「笑いと健康」をまとめました!
 
【主な内容】
 

I・食と健康―“食い改めて”穀菜人になりましょう
 1・その土地の旬のものを食べる
   食べものをおいしく食べるには/世界に広がる日本食/ごはんを食べて
   穀菜人に/他
 2・食が変わると人生が変わる
   精子がおかしい/体格はよくなるが体質は悪くなる/“マヨラー”登場/
   トランス脂 肪酸の害/O157と食事の仕方/他
 3・ママと赤ちゃんのいい関係
   胎児も生活習慣病になる?/笑顔は子どもの心と体を育てる/他

II・笑いと健康―笑う門にはラッキーカムカム
 1・笑えば元気になるNK細胞
   デートは寄席で/なんばグランド花月での実験/NK細胞を元気にさせる
   5つの方法/他
 2・リウマチだって糖尿病だってアトピーだって

III・楽しいことをしてガンをなくす
 ガンはなぜ増えているのか/ガン闘病者の千百人集会/病も健康も気から/他

笑いと食と健康と
  一覧へ

食べもの文化 11月号 No381

 
特集:
じょうずに食べる・食べさせる 山崎祥子
 
1・

口の役割とその発達

 
2・ 発達援助はこのようにしましょう  
3・

「食べる・食べさせる」「飲む・飲ませる」
―大人同士で体験してみよう

 
     
トピック】
柏崎・刈羽原発事故の意味するもの
 安斎育郎
  食料自給率が39%に低下  中島紀一
食べもの文化 11月号
  一覧へ

10月号別冊 はじめよう朝ごはん
 
食べもの文化編集部編 A5判/112頁/定価 本体1238円+税

「朝、起きるのが遅いので食べる時間がない・・・」「食欲がない…」
幼児の1割は毎日朝食を食べていません。
園で使える朝ごはんアドバイスブック!
保護者へ、朝ごはんの大切さ、カンタン朝ごはんレシピを伝えるのに役立つ1冊。
いま朝食を食べていない人向けから、ワンランクアップレシピまで、朝食の献立約80点掲載。
 
【主な内容】
 

1章 朝ごはんと子どものからだ
   なぜ朝ごはんが必要なの?  倉信均
   保育園の実践・朝ごはん食べられたよ!
     上野芝陽だまり保育園/ふじみ野保育園/玄海・風の子保育園
   データから見る朝ごはんの実態  「食べもの文化」編集部
  
2章 朝ごはんステップアップレシピ
   まずは何かを食べましょう 「食べもの文化」編集部
   季節ごとの味噌汁、かんたんスープ 上橋俊子
   朝ごはんかんたんレシピ春夏秋冬 【超かんたん】献立・【がんばり家族へ】献立 西田奈保子

3章 お便りにすぐ使える 朝ごはんは大切!

はじめよう朝ごはん
  一覧へ

食べもの文化 10月号 No380

 
特集:
赤ちゃんの眠り―眠りの基本・就寝時間・お昼寝・おっぱい
 

赤ちゃんの眠りのお悩みQ&A
その1 赤ちゃんの眠りの基本とお昼寝について

 徳大路美好
 

その2 夜泣き・就寝時間について

 山口裕子
 

その3 母乳との関わりについて

 木下昌代

心配ありません―赤ちゃんの眠りとはこんなもの

 神山潤
     
速報】暑い大阪が熱く沸いた!「食と健康を考えるシンポジウム」から
  全体講演
 “常識”を根元からひっくり返された
 内田眞理子
  第1分科会(アレルギー)
 牛乳やトランス脂肪酸に要注意
 高野鈴子
  第2分科会(離乳食)
 考え方の基本から、具体的な方法まで
 高野鈴子
  第3分科会(子どもの眠り)
 闇の中で眠り、起きて朝日を浴びる
 西部典子
  第4分科会(子どものこころと食行動)
 食卓が楽しい場であってこそ
 高野鈴子
  シンポジウム
 離乳食とアレルギーに討論集中
 岡本都子
食べもの文化 10月号
  一覧へ

9月別冊 卵・牛乳・小麦を使わないアレルギーの献立
 
眞鍋穰 監修 愛知県小規模保育所連合会給食部会 編著
B5判/120頁/定価 本体1905円+税

アレルゲンとなる食品をなるべく使わない和食中心のレシピがいっぱい。
通常メニューとアレルギー対応食を同頁に掲載。
可食量・熱量・タンパク質量・カルシウム量付きで、日常の献立と組み合わせて使える!
保育所でアレルギー対応食を実施する際のポイントも役立ちます。
 
【主な内容】
 

1章 保育所でアレルギー対応食を実施するにあたって
   手順やポイント/保護者との連携のポイント/誤食を防ぐために
   アレルギー対応食の「ヒヤリ・ハット」実例から
  
2章 アレルギー食レシピ集
   主食 ごはん・パン・麺
   主菜 肉・魚・卵・大豆・豆腐
   副菜 炒めもの・煮もの・揚げもの・サラダ・和えもの
   汁もの みそ・しょうゆ・洋風
   おやつ パン・クッキー・粉菓子ケーキ・粉菓子まんじゅう・蒸しパン・ゼリー類/他

卵・牛乳・小麦を使わないアレルギーの献立
  一覧へ

食べもの文化 9月号 No379

 
特集:
クーラーと子どものからだ
 

暑さをしのげない子どもたち
―クーラーの使用も原因の1つに

 喜田貞
夏のクーラーと住環境の変化  中村眞紀子

子どもにとって「快適な温度」とは

 加部一彦

アレルギーとクーラー・エアコン

 眞鍋穰

夏を涼しく乗り切るための食事の工夫

 並木望

見直そう!子どもの“汗かき体験”

 野井真吾
     
トピック】
なぜいま麻疹(はしか)が流行?
 安井良則
  ミートホープの牛肉偽装問題  安藤節子
食べもの文化 9月号
  一覧へ

食べもの文化 8月号 No378

 
特集:
夏休み―給食の代わりにナニ食べる?
 

お休みの日、子どもはどんな食事をしているの?
―日曜日の食事調査アンケートより―

 今野晴子
外食で子どもの五感は育つの?  大村直己

夜の居酒屋で親子連れを見かけるけれど…
夜の光と子どもの体・生活リズム

 鈴木みゆき

子どもが好きな昼食のPFC比率を調べたら

 小川美智子

うま味調味料と油
―子どもの味覚・嗜好の発達への影響―

 小川雄二

ファミレスやコンビニ弁当の野菜は大丈夫なの?

 天笠啓祐
食べもの文化 8月号
  一覧へ

7月別冊 新版 自然にかえる子育て
 ―医者から学ぶ「医者いらず」
 
真弓定夫著  A5判/108頁/定価 本体1238円+税

ヒトとして、日本人として子どもが心身ともに健康に育つために大人ができることは?
日本人の食の原点から生活リズム、室温など生活環境まで・・・小児科によるアドバイス
2002年発行「自然にかえる子育て」が新版になって、再登場!
 
【主な内容】
 

1 本当の医療とは
  日本の医療は進歩したか?/子どもの能力の高さ/医者が治すのではなく、子ども自身が治す/他
2 日本人本来の食を取り戻そう
  まずヒトという動物であることを忘れずに/サルに学ぶ食品摂取のバランス/日本人本来の食べもの「ご飯」/
  栄養学がいらない「身土不二」と「旬」の献立/他
3 生活環境を考えよう
  日本とヨーロッパの衣服・住居の違い/皮膚呼吸を妨げる石油製品/空気を加工する恐ろしさ/他
4 子どもを病気から守るには
  人間をダメにする歯磨き/増えてきた「小児成人病」/子どもにプラスのイメージを送ろう/他
5 まとめにかえて 次世代に対する私たちの義務

新版 自然にかえる子育て
  一覧へ

食べもの文化 7月号 No377

 
特集:清涼飲料―子どもに飲ませたくないものもある!?
 

清涼飲料の現状―もうおなかいっぱいです

 編集部
子どもには飲ませたくない  倉信均
   カフェイン・カテキンを含んだ飲みもの  渡辺雄二
   人気のミネラルウォーター・硬水  浅見真理
  ・ ミネラルウォーター硬水・中硬水・軟水別一覧  編集部
  ・ 参考/中学生の飲みもの調べ  狛江市立狛江第二中学校保健委員会

清涼飲料に多用されている人工甘味料について

 渡辺雄二
  ・ 人工甘味料及び、糖と人工甘味料併用の清涼飲料  編集部
特定保健用食品の飲料、ホントに体にいい?  小川雄二
  ・健康にいいとうたっている清涼飲料一覧  編集部
清涼飲料の糖度・栄養成分表示一覧  編集部
     
トピック】
「授乳・離乳の支援ガイド」策定のねらいについて(下)
 瀧本秀美
食べもの文化 7月号
  一覧へ

6月別冊 改訂 基礎からわかる!アレルギーの治療と対応
 
眞鍋穰著  A5判/156頁/定価 本体1429円+税

最新情報を加え、より内容を充実!
アレルギーの基本的なしくみをやさしく解説します。
アレルギーへの正しい理解を深め、ひとりひとりの原因対策を探ります。
 
【主な内容】
 

第1部 アレルギーの基礎知識
 1 アレルギーの基本的なしくみ 除去ではすまないアレルギー児の問題/アトピー性皮膚炎とは
 2 さまざまなアレルギー 卵アレルギー/牛乳アレルギー/大豆アレルギー/米アレルギー/他
 3 アレルギーの治療法―除去食を中心にして 原因がはっきりしたら早めの除去を/他
 4 なぜアレルギーが増えているのか 遺伝だけではなく環境もアレルギーを引き起こす/他
第2部 アレルギーQ&A
 1 食べものについて 卵を除去する時、鶏肉は/添加物とアレルギー/除去食の注意点/他
 2 薬について ステロイドの使用は/ステロイドの副作用は/飲み薬/他
 3 皮膚のトラブルなど体について トビヒの時の皮膚の消毒法/プールの塩素は/他
 4 その他 なぜ?どうして?教えてアレルギー 

改訂 基礎からわかる!アレルギーの治療と対応
  一覧へ

食べもの文化 6月号 No376

 
特集:よい排泄のための食事と暮らし方
 

尿や便が排泄されるからだの仕組み

 神山剛一
「食べる」と「でる」がうまくいかなくなったわけ  倉信均

よい排泄のための食事と暮らし方アドバイス

 青木皐
     
トピック】
「授乳・離乳の支援ガイド」策定のねらいについて(上)
 瀧本秀美
食べもの文化 6月号
  一覧へ

5月増刊 ここがおかしい!?子どものからだ
 ――元気の秘訣4カ条
 
野井真吾著  A5判/96頁/定価 本体1000円+税

低体温、背中ぐにゃ、意欲がない、キレやすい・・・
今、子どものからだと心がどこか“おかしい”・・・!?
現在の子どもたちを調査したデータ満載、科学的に統計・分析、
子どもの“脳”との関わりを示しながら、大人の役割がわかります。
今日からの実践で、子どもも大人もイキイキ変身!
 
【主な内容】
 

◆はじめに(ちょっと気になる子どもたちの様子)
◆子どもの“からだ”が「ちょっと気になる」「どこかおかしい」
 体温が低い日本の子どもたち/体温調査で教えられた3つのこと/体温と通学意欲の関係/他
◆子どもの“心”が「ちょっと気になる」「どこかおかしい」
 心は前頭葉に/「不活発型(そわそわ型)」の子/「抑制型」の子はキレる?/
 いま必要な取り組みは?/じゃれつき遊び/他
◆まとめ(元気になった子どもの様子)
 仮説的提案@健康生活は成功のもと!
 仮説的提案A興奮は成長のもと!
 仮説的提案Bからだの科学者・主人公に!
 仮説的提案C危険可能性という予防原則を!
 子どもの様子が変わった!?/大人も元気になりましょう

ここがおかしい!?子どものからだ
  一覧へ

食べもの文化 5月号 No374

 
特集:幼児のお弁当
 

これって、手抜きかな、工夫かな!?
 ――たこ焼き弁当・ホットドッグ・レンジでチン

 花村智香
日に日に“成長”お弁当と子どもたち  古田島初美

親子「いっしょにお弁当」の日
 ――子どもの“育ち”がわかる楽しいひととき

 嶋田眞美

マンネリ解消・子どもが喜ぶお弁当メニュー

 こばやしまりこ
     
トピック】
“食べ方”あるある勘違いと私たちの選択
 真弓定夫
食べもの文化 5月号
  一覧へ

食べもの文化 4月号 No373

 
特集:食卓の意味を見直してみよう
 

いま、「食卓」をみなおす
 ――家族は「食卓」でつながっている

 室田洋子
「食育現場」での“あれ?”  武田美代子

あなたが作る新食事ルールのすすめ

 加古明子

食卓における父親の積極的役割について

 新村洋史
食べもの文化 4月号
  一覧へ

3月別冊 園で家庭で地域で 新田保育園のレシピ&食育実践
 〜きょうもたのしかったよ・またあした〜
 
新田保育園/A5判/108頁/定価 本体1238円+税

保育士・給食担当者が、子どもの感動をいっしょに共有してつくりあげた日々の食育実践、
おいしさを支える調理の工夫がいっぱい!
佐世保市・新田保育園による毎日の食育実践&地域色豊かなレシピ満載!
 
【主な内容】
 

1章 おいしい新田保育園の食事
 魚大好き!新田っ子/年長さん大好き!リクエスト給食/みんな大好き!新田保育園の名物料理/
 おやつ大好き!春夏秋冬
2章 おいしさの決め手
 鍋の向こう側に子どもたちの笑顔/おいしさを追求する中で/食事作り5か条
3章 楽しさいっぱい!食育活動
 毎日の中で/クッキング保育/菜園作り/親子クッキング/年長児の誕生日ケーキ/
 おたより「ぬくもり」
4章 地域と一緒に・食に関する育児講座
 給食試食会/離乳食講習会/他

新田保育園のレシピ&食育実践
  一覧へ

食べもの文化 3月号 No372

 
特集:味覚や嗜好はどう育つ
 

食べものを好きになるしくみ
 ――味覚のしくみと嗜好の発達

 小川雄二
嗜好を育てる実践  
  ・おいしいね、みんなで育てたお野菜  西田奈保子
  ・バイキング給食10数年の積み重ねで  小川美智子
  ・からだで感じる「おいしさ」  島本一男
  ・大人も一緒に食べたら“食べた”  江刺公子
  ・ワーすごい、ゴージャス!盛り付けの工夫  西田奈保子
  ・「献立・調理の工夫」事例  鈴木ゆかり

子どもの「おいしい」が発達しない原因は

 渡辺雄二
   
トピック】
  苦痛から解放される日を願って
 ――わが子のアトピー・クローン病との闘い
 来栖由布子
食べもの文化 3月号
  一覧へ

2月別冊 子育て・保育・食事 Q&A
 
食べもの文化編集部編/A5判/132頁/定価 本体1238円+税

子どもの食事・健康に関する悩み約100問!
本誌が調査したお母さん・保育士さん・栄養士さんなど、子どもに関わる方々の悩みに、
各専門家がやさしくお答えします。
子育てに必携の1冊!
 
【主な内容】
 

1 野菜嫌い・偏食・小食  野菜嫌いの子が多い/嫌いなものでも楽しく食べられる工夫は?/他
2 生活リズム――朝ごはん・睡眠など
   朝食の大切さをどう伝えたら?/生活リズム、努力しても長続きしない・・・/他
3 離乳食  薄味をいやがります/与えない方がよい食べものは?/スキムミルクと牛乳/他
4 指しゃぶり・かまない子  おしゃぶりはいつ頃まで?/手づかみ食べの経験がない/他
5 食事の様子で気になること  お箸をうまく使えません/食事中のおしゃべりは禁止?/他
6 アレルギーと給食  1歳を過ぎても卵などは避けた方がよい?/保育園での実施は?/他
7 食育  食育はなぜ大切?/食育の進め方
8 保護者との関わり  「5こ食」はどのように対応すれば/小さいから叱らないでいい?/他
9 その他  標準的な食事時間は?/各年齢の食事量は
10 学童期の食  アナフィラキシーへの対応/最低限のマナー/「塾ごはん」への対応は/他

子育て・保育・食事Q&A
  一覧へ

食べもの文化 2月号 No371

 
特集:保育現場で役立つ食物アレルギー講座
 

食物アレルギーとは?基礎と最新情報

 今井孝成
  食物アレルギーのメカニズム/アナフィラキシー/食物アレルギーの治療/保育園 幼稚園での食物アレルギー対応にむけて/他 
園で食物アレルギー どう対応できる?  
  ・食物アレルギー対応の事例から  高見美幸
  ・医師による指示書を重視して  小野友紀
  ・除去食のニアミスを防ぐために  北方幸江
  ・Kちゃんの食物アレルギー2年間のあゆみ  
  西多摩地区保育園連合会給食部会
   
トピック】
  全園児参加で「天狗うどん」を作りました!  林田保育園
食べもの文化 2月号
  一覧へ

1月別冊 お母さんと赤ちゃん 食事と母乳のいい関係
 〜母乳からはじめての食べものまで〜
 
食べもの文化編集部編/A5判/112頁/定価 本体1238円+税

「赤ちゃんは母乳で育てるのがいいの?」「母乳のために何を食べたらいいの?」
「妊娠中、気をつけなければならないことは?」
妊娠と授乳のためにお母さんたちが知りたいこと、本当に必要な情報、赤ちゃんがお乳から食べものへステップアップするためのQ&Aなど、赤ちゃんと食べものの関係を1冊にまとめました。
 
【主な内容】
 

1 口から始まる子どもの発達   岩倉政城
2 お母さんたちの母乳の疑問、答えます   高英淑
3 おっぱい飲んで元気に育つ  福井早智子
4 母乳の科学―強い子・優しい子・頭のよい子に   岡村博行
5 妊娠初期・中期・後期に注意すべきこと―アレルギーを予防するために   角田和彦
6 妊婦さんのための食事バランスのポイント   小川雄二
7 両親学級ではどんなことを教えているの
8 赤ちゃんと「食べもの」との出会い   江刺公子
9 赤ちゃんに与えたくない食べもの―その理由は?与えてもよい時期は?  小野友紀
10 ここが知りたい!赤ちゃんの食べもの―ナニをイツから?Q&A 25問
  赤津史江・上橋俊子・安藤節子

お母さんと赤ちゃん 食事と母乳のいい関係
  一覧へ

食べもの文化 1月号 No370

 
特集:子どもは風の子!冬のからだ・食べもの・遊び
 
  冬のからだと食べもの―幼児から学童―  真弓定夫
  冬には冬の遊びをしようヨ  島本一男
  北から南から 昔の暮らし・外遊びはこうだった  成田奈緒子
  冬はストーブを囲んで【札幌】/稲刈り・干し柿作り【福島】/子どもの頃の栃木県足尾町/同じようで、まるで違う【茨城】/手伝い・遊び・お弁当【茨城】/高社に3回雪が降ると【長野】/繭玉づくりは現在も【長野】/北陸の冬はアンカと雪/土の道路は子どもの遊び場【愛知】/心も体もあたたまる食べもの【京都】/食卓で交わされる会話の中に【和歌山】/奈良・吉野川沿いの食と遊び/太陽と星と火と【香川】/男の遊びは“戦い”の日々【長崎】/懐かしい昭和30年代【沖縄】
       
  トピックス】  
    冬に気をつけたい食中毒  中村明子
食べもの文化 1月号
  一覧へ

2016年〜2013年〜2015年2010年〜2012年|2007年〜2009年|2006年以前