バックナンバー
 
 
 

2016年〜2013年〜2015年2010年〜2012年2007年〜2009年|2006年以前

↓2006年度出版↓

食べもの文化 12月号 No369

 
特集:食が育てる体と心
   ―第21回食と健康を考えるシンポジウム<東京開催>から―
 
  みんなと楽しく食べる子に
<第1分科会>“食育”は楽しく食べる子どもを育てること
 高橋美保
  アレルギーと牛乳・トランス脂肪酸
<第2分科会> アレルギーとアナフィラキシー
 角田和彦
  脳を育てる食と生活
<第3分科会>脳の進化で子どもが育つ
 成田奈緒子
  食を通して赤ちゃんともコミュニケーションを
<第4分科会>じょうずに食べる・食べさせる
 山崎祥子
  この子のこと・あの子のこと、どうしたらいいの?
―参加者の質問に答える―
 
       
  トピックス】  
    BSE感染牛発生から5年  天笠啓祐 

 

食べもの文化 12月号
  一覧へ

11月増刊 ここまでOK!
 新・子どものダイエット
 
食べもの文化編集部編  A5判/96頁/定価 本体1000円+税

太っていないのに「太っている」と思い込み、「やせたい」という子どもたち。
小学生にまで浸透しているやせ志向、メディアであふれるダイエット情報。
しかし、成長期の子どもにダイエットは本当に必要? どこまでOK?
子どもの心の問題や話題のダイエット法などを検証、
健全に発達するための適切なダイエット法がわかります。
 
【主な内容】
 

● 子どものダイエットの現状―教育現場から  編集部
● 子どものダイエット―どうとらえ、どう対処したらいいか  生野照子 
● 無理なダイエットちょっと待って!  倉信 均
● 子どもの肥満について考える   村田光範
● 21世紀型のからだづくりで子どもを“いきいき”させよう  野井真吾
● ダイエット法、ダイエット食品を検証する   小川雄二
● 子どもへのメッセージ
   ―成長期のあなたたちは体重が増えても太るわけではないのよ   宍戸洲美
● 無理なダイエットは不要!子どものイキイキからだづくり 8カ条
● 子どものダイエットうそホント ○×クイズ

ここまでOK! 新子どものダイエット
  一覧へ

食べもの文化 11月号 No367

 
特集:30代からはじめる生活習慣病予防
 
  生活習慣病とは?その原因は?
――生活習慣病にならない7つの健康習慣
 大木早人
  30代の「仕事」と「食」と「眠り」
――からだの変化と心身の健康のために
 岩田 俊
  生活習慣病は子ども時代から
――太りすぎを解消する10のポイント
 倉信 均
  生活リズムと食事で予防する生活習慣病
――お腹ぽっこりの人はチャレンジしよう
 多田久子・渡辺和子
  生活の中に運動を取り入れる
――持久力・筋力づくりも楽しみながら
 市村志朗
       
  トピックス】  
    O157堺市学童集団食中毒から10年  小松孝充 
    2004年国民健康・栄養調査の概要より  安藤節子

 

食べもの文化 11月号
  一覧へ

10月別冊 免疫力を高める生き方・食べ方・暮らし方
 ―自律神経と白血球の働きが大切―
 
安保徹著/A5判/112頁/定価 本体1333円+税

高血圧・糖尿病などの病気や、朝ごはんが食べられない、アレルギー、低体温、だるいなどの症状には、自律神経と白血球の働きが大きく関係しています。
子どもから大人まで元気にすごす、「免疫力」の高め方を免疫学の第一人者である著者が提言。
月刊誌『食べもの文化』での好評連載も収載!
 
【主な内容】
 

第1章 免疫力で子どもを強くする

 無理・悩み・冷えが病気の原因だった・・・交感神経緊張による病気/
 のんびり・ゆったりも行き過ぎは病気への道・・・・副交感神経優位の生き方による病気/
 白血球はからだを守る専門家/不思議な人間のからだの働き・交感神経と副交感神経のリズムとバランス

第2章 免疫力を高めるために

 現代医学の弱点/多くの病気は生き方の無理から/甘いものと高血糖そして逆に甘いものと低血糖/痛みについて/
 斉藤章の「生物学的二進法」の出発点/夜ふかしと朝食抜き/風邪薬/
からだを鍛える/皮膚の働き/生物の進化と人間の特徴/
 日本人と医療/自然治癒力の本体/医療の未来/医療の未熟さと国家の未熟さ

免疫力を高める生き方・食べ方・暮らし方
  一覧へ

食べもの文化 10月号 No366

 
特集:赤ちゃんと食べもの・飲みもの
 
  赤ちゃんと「食べもの」との出会い
――成長・発達する日々から見えてくるもの
 江刺公子
  赤ちゃんの食べもの――消化・吸収の発達から  眞鍋穰
  赤ちゃんに与えたくない食べもの――その理由は?与えてもよい時期は?  角田和彦
  ここが知りたい!赤ちゃんの食べもの――ナニをいつから?Q&A―
お米・パン・うどんはいつから?/最初に与える魚は?/スキムミルクについて/他
 
    赤津史江・上橋俊子・安藤節子
  地域に向けた食育実践――長崎から  
    〈1〉ワイワイ楽しい有明町保育フェスタ  有明町保育会給食部会 
    〈2〉ペープサート「しっかり食べよう朝ごはん」  大村市保育会調理師会
食べもの文化 10月号
  一覧へ

9月別冊  子どもの食事・食育・発達
 ―食のいとなみがからだをつくる こころをつくる―
 
安藤節子著/A5判/176頁/定価 本体1600円+税

食べる営みとはどういうことか。食事は成長・発達していくもの。
ブーム化している「食育」の根幹とは?
月刊誌『食べもの文化』編集長の最新著書。
30年の歴史が裏付ける、子どもの食事と発達、食育を考える集大成です。
 
【主な内容】
 

1章 食事とは「食べる営み」

 いっしょに食べることが食事/つくって食べるといい二つのいいこと/
 味覚と嗜好の発達と大人の関わり/生活リズム―五つの定点をつくる/
 食卓は会話を食べるところ/他

2章 さまざまな食事のお困り現象

 1 子どもの偏食・野菜嫌い/2 おやつは第4の食事/3 生活習慣病をさけるには/
 4 朝食について/5 食中毒/6 清涼飲料/7 離乳食/お困り現象Q&A

3章 食育とは

 食育の根幹となるものは?/食の乱れは、誰がいつ頃つくったのか/
 国主導の食育ブームの背景/食育が育つ土台は安心できる人間関係から/他

4章 データランド 身近な食と健康

 1 食事と死亡原因の変化/2 ひとりで年間140リットルも飲んでいる/
 3 砂糖、とりすぎていませんか/4 スナック菓子、ここに注意/
 
5 急増する市販のベビーフード/他

子どもの食事・食育・発達
  一覧へ

食べもの文化 9月号 No365

 
特集:除菌・抗菌グッズ――人の健康への影響は?
 
  菌があるといけないの?  天笠啓祐
  除菌スプレーブームと人の健康への影響  渡辺雄二
  赤ちゃんのからだと除菌・抗菌――人に必要な細菌・微生物もある  角田和彦
  子どもにとって、除菌はどこまで必要か
 ――抗菌グッズなしでできる除菌・殺菌
 上杉英樹
食べもの文化 9月号
  一覧へ

食べもの文化 8月号 No364

 
特集:夏休み―メディアとおやつと生活リズム
 
  休み明けの子どもたちの様子―東京都足立区立栗原保育園  編集部
  保健室からみた夏休み明けの子どもたちの様子
―東京都北区立第三岩淵小学校
 今野晴子
  生活リズムが狂うと子どもの心身にどんな影響を及ぼすか?   神山潤
  メディア漬け――子どもが危ない  山田真理子
  おやつ・甘い飲料・外食――肥満、生活習慣病に気をつけて   倉信均
  保育園での生活リズムプロジェクト
   東京都足立区立栗原保育園
 編集部
  親子でご一緒に!おいしい・カンタン手づくりおやつ  こばやしまりこ
       
  トピック】妊婦のための食事バランスアドバイス  小川雄二
食べもの文化 8月号
  一覧へ

食べもの文化 7月号 No363

 
特集:清涼飲料まるわかり―あの新商品の糖分・食品添加物・いろいろ
 
  『食べもの文化』で語る清涼飲料30年の移り変わりデータ  編集部
  清涼飲料“百科”事典――27の?にお答えします
    カフェインが含まれているコーヒー・紅茶・コーラ…子どもに飲ませていいの?/子どもが病気の時イオン飲料・スポーツ飲料を飲ませるとよいと聞いたけどホント?/野菜系飲料を飲むと、野菜を摂取したことと同じ/他
    飯野靖彦・神尾茂枝・倉信均・高野鈴子・渡辺雄二・編集部
    【参考資料】清涼飲料にはこんなに糖分が入っている!
       ―清涼飲料の栄養成分表示・糖度一覧
       
  【トピック】ブリオン専門調査会の委員6人辞任の理由は?  天笠啓祐
食べもの文化 7月号
  一覧へ

6月別冊 栄養・適量がわかる! 保育園のおやつ215
 
食べもの文化編集部編/B5判/120頁/定価 本体1800円+税

保育園で大人気の、おいしい手づくりおやつのレシピ215点!
可食量・たんぱく質量・熱量付きで、子どもへの適量・栄養価がわかります。
卵と牛乳を使わない、アレルギーっ子へのおやつアドバイス・レシピも掲載
日常の献立と自由に組み合わせて…明日からすぐに役立つ1冊!
 
【主な内容】
 

●幼児へのおやつの与え方    中野区保育園栄養士会
 与え方(年齢)・時間帯・エネルギーの目安/他
●カンタンおいしい 手づくりおやつレシピ  中野区保育園栄養士会
 ★だんご類 甘辛団子/きな粉団子/黒みつ団子/他
 ★パン類 ジャムバターサンド/煮リンゴサンド/チーズスティック/揚げパン/ヨーグルトパン/他
 ★クッキー類 ショートブレッド/ロシアンクッキー/スイートポテトクッキー/パン粉クッキ―/他
 ★粉菓子 ケーキ/ドーナツ/まんじゅう/蒸しパン/バラエティ粉菓子/他
 ★ゼリー類 オレンジゼリー/イチゴのババロア/かぼちゃようかん/ヨーグルトケーキ/他
 ★ごはん類 おにぎり14種/にんじんごはん/あけぼのごはん/ごはんのお焼き/カレ−ピラフ/他
 ★めん類 わかめうどん/冷麦/焼きビーフン/ナポリタン/和風スパゲティ/焼きそば/他
 ★冷たいおやつ ★野菜を使ったおやつ ★バラエティおやつ
 ★行事・お祝いの日のおやつ   西田奈保子
●長時間保育の夕方のおやつについて  小平市・こぶし保育園
●卵と牛乳を使わないアレルギーのおやつ  町田市・赤ちゃんの家保育園
 ★園の方針/レシピで使用している食材紹介
 ★さごやしとさつま芋のクッキー/無農薬バナナのケーキ/ひえ麺のナポリタン/他13点

栄養・適量がわかる!保育園のおやつ215
  一覧へ

食べもの文化 6月号 No362

 
特集:子どもの口、悩み解決!―口は心とからだの健康のサイン
 
  子育て・保育現場での口にまつわるお困り現象  井上美津子
  口にあらわれる子どものサイン  岩倉政城
  離乳期の口の動きとカミカミにつなぐ発達援助  山崎祥子
  歯モミで心の通い合い――あぐら法で歯モミを  鴫原ヨシ子
       
  【トピック】「健康日本21」で何が行われたのか?中間評価を受けて  中出美代
食べもの文化 6月号
  一覧へ

5月増刊 免疫力で子どもを強くする
 ―食・笑い・睡眠・運動が育む心とからだ
 
食べもの文化編集部編  A5判/96頁/定価 本体1000円+税

「最近子どもの免疫力が落ちている…」と感じませんか?
免疫力ってなに?なぜ今ブームなのか?
健康食品や薬に頼るのではなく、元気の基盤は実は毎日の生活。
生活をステップアップし、生きぬく力を高めるヒント・アドバイス満載です。
 
【主な内容】
 

◆なぜいま免疫なのか  安保徹
◆心とからだと免疫  志村正子
 免疫の発達/アレルギーと免疫との関係/心と免疫/Q&A免疫力について/他
◆笑いで免疫力を高める  昇幹夫
 漫才を聞いて、笑って糖尿病が改善!/一緒にうたう、いっしょに食べることの大切さ/他
◆食べもので強くなる  根本悦子
 春の芽吹き/夏の野菜は彩り豊富/秋の実りはいのちを延ばす/冬の寒さにそなえる/他
◆生体リズムから強くなる  神山潤
 眠りのしくみを知る――生体リズム、生体時計/「夜ふかし朝寝坊」にはこんな問題がある/他
◆スポーツと免疫  小川貴志子
 運動したときの免疫反応/運動の強さと日常的な運動習慣の影響/栄養・水分補給の重要性/他
◆じゃれつき遊びのすすめ  編集部

免疫力で子どもを強くする
  一覧へ

食べもの文化 5月号 No360

 
特集:栄養“凝縮”食品はバランス食?
 
  栄養“凝縮”食品 摂っていいの?悪いの?
保育士の言い分・親の言い分
 食べもの文化編集部
  どんなものか知ってる?――栄養“凝縮”食品用語ミニ辞典  小川雄二
  栄養“凝縮”食品ってどんなもの  渡辺雄二
  栄養“凝縮”食品の変遷  高野鈴子
  栄養素は…足りない?摂りすぎ?アンバランス?  小川雄二
  つくるプロセスが抜けた食事   室田洋子
       
  【トピック】大豆イソフラボンを強化した健康食品の問題点   天笠啓祐
食べもの文化 5月号
  一覧へ

食べもの文化 4月号 No359

 
特集:「食育」は楽しく食べる子どもを育てること
 
  【決め手は子どもの笑顔】  
  改めて「食育」ってなんだろう
―食育指針は実現をめざす5つの子ども像をもとに考える―
 高橋美保
  【食育―保育園ではいま】  
  <その1>自由参加のお手伝い  木村容子
  <その2>ホットタイムな麦茶コーナー    西葛西保育園
  <その3>お腹をすかせておいしく食べよう  佐倉市立馬渡保育園
  ある日から突然崩れた保育園の食育   編集部
       
  【トピック】輸入再開アメリカ牛に特定危険部位混入で禁輸に   天笠啓祐
食べもの文化 4月号
  一覧へ

食べもの文化 3月号 No358

 
特集:食を通して子どもの心身の発達を考える
   ―第20回食と健康を考えるシンポジウム【札幌開催】から―
 
  口からはじまる子どもの発達  岩倉政城
  心を癒す食卓―子どものサインをどう受けとめるか  室田洋子
  子どもが喜ぶ保育園の食事  新村恵美子
  “一食抜いても大丈夫”というくらいにゆったりした気持ちで 
食べもの文化 3月号
  一覧へ

2月別冊 脳の進化で子どもが育つ
 ―古い脳と新しい脳の機能をよく知って―
 
成田奈緒子 著/A5判/104頁/定価 本体1238円+税

子どもを育てることは、心を育てること
心を育てることは、実は「脳」を育てること


学力低下や摂食障害など、子どもに起こるさまざまな問題点
心身ともに健康な子どもに育つにはどうすればよいか、
実例を交えながら脳の発達のしくみをやさしくひもときます。
子どもに関わる人へ、アドバイス満載!
 
【主な内容】
 
脳は育つ/古い脳と新しい脳/脳の進化と脳育て/良い脳を育てるには/古い脳ができていない子どもたち―幼稚園・小学校期での問題点/古い脳と新しい脳がアンバランスな子どもたち―思春期での問題点/古い脳と新しい脳をつなぐセロトニン/保護者はどうしたらよいか/セロトニンを鍛えよう―脳内セロトニンを増やすには/子ども育ての10カ条/Q&A――摂食障害の子どもたちへの家族の対応は?・初めての経験で不快を感じてしまった場合、快と感じられるように刺激を与えていった方が良い?・他
脳の進化で子どもが育つ
  一覧へ

食べもの文化 2月号 No357

 
特集:大人と子どものためのやさしいアレルギー講座
 
  食物アレルギーってどんなもの  眞鍋穰
  花粉症対策Q&A――免疫の観点から  安保徹
  アトピー脱却体験記――自分の体質を知って生きる  海野りつ子
  うちのみーちゃん(アレルギー編)     宇田川信子
  食品のアレルギー表示――どう判断すればいいの  赤城智美
  保健所と市役所のアレルギー対応について
――アンケート調査より
 武内澄子
食べもの文化 2月号
  一覧へ

食べもの文化 1月号 No356

 
特集:冬だから…子どものからだと心が芯から温まる食事
 
  冬の養生と食べもの  木下優子
  生活リズムを整えて、からだを燃やそう!  野井真吾
  心から温まる「食」の時  加古明子
  なるほど情報――体調が悪いときの食事  深見弘子
  エネルギーいっぱいの温かい、ごはん、パン、麺、餅  小川雄二
  燃焼系サプリでからだは燃えない!?  渡辺雄二
  トピック】  
  メリカ牛肉輸入再開へ!?――米国に屈し食の安全は守られず  天笠啓祐
  投稿】乳幼児の食生活アンケートの結果報告  小寺えみ子
食べもの文化 1月号
  一覧へ
↓2005年度出版↓

食べもの文化 12月号 No354

 
特集:食こそが体をつくる・心をつくる
    第20回食と健康を考えるシンポジウム【大阪開催】から
 
  子どもの食と食品添加物  渡辺雄二
  子どもが喜ぶ保育園の食事  新村恵美子
  アレルギー・アトピー
 ―重症化が進むなかでどう対応するのか?
 眞鍋穰
  脳と心の豊かな発達
 ―子どもの脳はどう育つのか
 成田奈緒子
  じょうずなカミカミゴックンができる子に  山崎祥子
  みんなでディスカッション
 ―スプーンや箸のこと、おしゃぶりのことなど活発に
 
  トピック】  
  ジキに含まれるヒ素について  里見宏
  どうなってるの?アメリカのBSE対策
 ―米ジャーナリスト・スタウバー氏の講演を聞いて
 
食べもの文化 12月号
  一覧へ

11月増刊 季節を楽しむ行事と食事
 ―保育園の実践と行事食レシピ75
 
食べもの文化編集部編  A5判/96頁/定価 本体1000円+税

お正月、ひなまつり、子どもの日、七夕、お月見…
日常の食事も、行事にあわせてちょっとアレンジ・演出するだけで子どもがワクワクする「非日常」に!
 
食べものに感謝をし、季節を感じ、伝統を未来へつなぐ
子どもの五感を育てる「行事食」のアイデア満載!
行事のいわれ・うんちくも掲載
 
【主な内容】
 

☆みんなで行事を楽しもう!
☆保育園の実践&子どもに人気の行事食レシピ75
 4月★お花見   【実践】見て楽しむ、触れて楽しむ
 5月★子どもの日 【行事食】かぶとサンド・こいのぼりコロッケ/他 
 6月★プール開き 【行事食】お好み三色丼・スタミナ竜田揚げ/他
 7月★七夕祭り  【実践】5才児がつくった星のオードブル/
              夏野菜の収穫 みんなで育てて、みんなで食べよう
          【行事食】七夕そうめん汁・短冊サラダ/他
 9月★お月見   【実践】子どもが丸める白玉団子づくり/「家でお月見を」
              と言葉を添えて
   ★敬老の日  【行事食】十五夜団子/吹き寄せごはん・秋刀魚のチーズ焼
               き・目玉焼きゼリー
 他 収穫祭、お正月、ひなまつり、卒園祝いなど…

季節を楽しむ行事と食事
  一覧へ

食べもの文化 11月号 No353

 
特集:お母さんと赤ちゃん、食事と母乳のいい関係
 
  お母さんたちの母乳の疑問、答えます  高英淑
  おっぱい飲んで元気に育つ  福井早智子
  母乳の科学―強い子・優しい子・頭のよい子に…  岡村博行
  妊娠初期・中期・後期に注意すべきこと
 ―アレルギーを予防するために
 角田和彦
  妊娠中の食事で気をつけたいこと
 ―強い子・優しい子・頭のよい子に…
 瀧本秀美
  両親学級ではどんなことを教えているの?  編集部
食べもの文化 11月号
  一覧へ

食べもの文化 10月号 No352
 
特集:第20回“食とシンポ”<東京>ワクワク速報
 
<全体講演>動物の食からみる現在の食生活へのヒント   中川志郎
  「食事バランスガイド」の活用法  針谷順子
  今の子どもたち=「食」とくらし  西村一郎
       

<シンポジウム>たのしく、そして真剣にかっぱつなディスカッション
  「食事バランスガイド」の活用法  針谷順子
  今の子どもたち=「食」とくらし  西村一郎
  「食事バランスガイド」の活用法  針谷順子
  今の子どもたち=「食」とくらし  西村一郎
  今の子どもたち=「食」とくらし  西村一郎
食べもの文化 10月号
  一覧へ

食べもの文化 9月号 No351
 
特集:食べものの好き嫌い―おいしく楽しく、育ってほしい
 
   好き嫌いの実態―読者サポーターより  編集部
  好き嫌いってなんだろう?どうすればいいの?  安藤節子
  食の道 一生  加古明子
  食べたい気持ちになる環境とは人  江戸川区立西葛西保育園
  嗜好の発達――食べものを好きになるしくみ  小川雄二
  子どもの苦手な食べもののおいしいレシピ  江戸川区ふきのとう保育園
       
  「食事バランスガイド」の活用法  針谷順子
  今の子どもたち=「食」とくらし  西村一郎
食べもの文化 9月号
  一覧へ

9月別冊 あきらめないで
 重症アトピー性皮膚炎もきっとよくなる
 
眞鍋穰著  A5判/132頁/定価 本体2000円+税

増加ずるアトピー性皮膚炎――
改善には、ステロイドの使用法だけでなく、食事療法の適切な見直しも必要です
アトピー性皮膚炎の原因としての食物アレルギーへの対応を中心に、重症例を紹介しながら、ひとりひとりの原因対策を探ります。
カラー4頁付き。
 
【主な内容】
 
プロローグ―アトピー性皮膚炎の起きるメカニズムは?
第1章 乳幼児期のアトピー性皮膚炎の食事療法
第2章 重症アトピー性皮膚炎児
第3章 黄色ブドウ状球菌の作用
第4章 重症アトピー性皮膚炎の合併症
第5章 真菌アレルギー・カンジダアレルギー・=イーストコネクション
第6章 重症食物アレルギー 多種目抗原除去の実施の仕方
第7章 RAST陰性の食物アレルギーと残留抗生剤、残留農薬アレルギー
第8章 アナフィラキシーを起こす事例
第9章 食物アレルギー以外の悪化原因による重症化したアトピー性皮膚炎
第10章 アトピー性皮膚炎に似ている他の疾患など
第11章 アトピー性皮膚炎の増加・難治化の要因について
第12章 アトピー性皮膚炎に対する薬物療法の基本
第13章 学校生活での注意 学校給食を中心に
重症アトピー性皮膚炎もきっとよくなる
  一覧へ

8月別冊 じょうずに食べる―食べさせる
 ―摂食機能の発達と援助―
 
山崎祥子著  A5判/132頁/定価 本体1238円+税

そしゃくのつまづきはなぜ起こるの?
離乳期の「ゴックン」を「カミカミ」にスムーズにつなげるために、大人はどのような援助をすればいいの?
京都「らく相談室」主宰の言語聴覚士がおくる子どもの「食」と「コミュニケーション」。
 
【主な内容】
 

◆ 摂食動作とその発達

摂食動作――食べたものを認識する・口へ取り込む・咀しゃくする・他/飲み込むときに危険がある/摂食機能の発達――離乳期は咀しゃくの練習期間・食べ方を確立する幼児期・他/コミュニケーションの発達

◆ 問題はなぜ起こる?――摂食障害の要因

不適切な食環境/形態の異常 自分の持ちものを上手に使うことを心がけて

◆ 食のさまざまな問題――離乳食中期の重要性と幼児期以降の問題点

◆ 問題に取り組む前に――摂食指導の目的と問題点への視点

食環境からの働きかけ――改善のためにはどこに注目すればいい?/椅子・テーブル・介助用のコップ/他

◆ 健全な発達を目指して――問題改善への取り組み 強制は禁物/家族で食卓を囲む大切さ

◆ Q&A 食べることとコミュニケーションを上手に導くために

小食、偏食の気になる子/母乳が離せず、離乳食が遅れている1歳児/噛まない、早食い、過食の心配/口蓋裂の子どもの離乳指導は?/いつも口が開いている4歳児/スプーン選びのコツは?/他

じょうずに食べる―食べさせる
  一覧へ

食べもの文化 8月号 No350
 
特集:戦後60年、食生活から平和を考える
 
   戦前〜終戦直後の食料事情  笹野武則
  歩きながら考える 戦前戦中  近藤とし子
  戦中・終戦直後の食の体験から  佐野真理子
    その1●南瓜とさつま芋は命の恩人  鈴木節子
    その2●ホントにこんな時代があったのです  水野澄子
  戦争で儲かる人、殺される人  儀我壮一郎
  今、食料輸入が中断したら…―平和こそが豊かな食の大前提―  中島紀一
  “虚構の平和と繁栄”のもと いま圧迫される家庭の食生活。  宮礼子
  解説・食に関する戦中・終戦直後の言葉   二瓶治代・斉藤和可
食べもの文化 8月号
  一覧へ

食べもの文化 7月号 No349
 
特集:清涼飲料・ミネラルウォーターについて考える
 
   ミネラルウォーターは4種類に分けられている  編集部
  ミネラルウォーターと日本人のからだ  花岡成典
  清涼飲料・ミネラルウォーターの急増とペットボトル  佐野真理子
  スーパーで量り売りしている水はどんなもの?  編集部
  水道水はおいしくなった?―ええ、ますますおいしくなります。  水野安善
  【参考資料】
 清涼飲料の栄養表示・糖質の量
 編集部
食べもの文化 7月号
  一覧へ

6月別冊 調理現場や家庭から食中毒をなくす!
 ―特性・症状・原因食品・予防方法が
  基礎からわかる―
 
食べもの文化編集部編  A5判/100頁/定価 本体1238円+税

食中毒はなぜ起こるのか?起こさないためには何を気を付ければいいの?
食中毒の種類や原因・予防法が基礎からやさしくわかる!
家庭・保育園にすぐに役立つQ&Aも満載です。
 
◇主な目次◇
 
1章  食中毒とは   笹井勉
1 食中毒の定義と分類
2 食中毒因物質百科
サルモネラ/黄色ブドウ球菌/腸炎ビブリオ/腸管出血性大腸菌(O157、O26など)及びその他の下痢原性大腸菌/ウエルシュ菌/カンピロバクター/ボツリヌス菌/ノロウイルス/ヒスタミン/有害性金属/毒キノコ/フグ毒/寄生虫/カビ毒/その他
2章 食中毒 気になることQ&A16問
手洗いと手指消毒について/容器を床に置く時の注意/生野菜はダメ?/液卵は大丈夫?/食中毒を見分けるには?/感染後、どうすれば?/消費期限と賞味期限/他
3章 食中毒事例集  笹井勉
割った生卵を3時間後に食べてサルモネラ食中毒で1名死亡/幼稚園の給食で園児、家族ら449名から腸管出血性大腸菌O26を検出/他
調理現場や家庭から食中毒をなくす!
  一覧へ

食べもの文化 6月号 No349
 
特集:食品の表示からわかること
 
   食品表示は誰のために行なわれているのか  天笠啓祐
  生鮮表示の表示から何がわかるか  三宅逸子
  加工食品の表示から何がわかるか  渡辺雄二
  表示は商品の顔・見ていますか  高野鈴子
       
  小麦粉「麦麦」大麦進
 ――粘って つないで 地域のわ
 茨城県立大宮高等学校
  黒糖づくりを体験
 ――沖縄県立博物館体験教室に参加して
 高野鈴子
  【トピック】
 カルビーポテト、無検疫いも栽培事件
 天笠啓祐
食べもの文化 6月号
  一覧へ

食べもの文化 5月号 No348
 
特集:おいしさ育てるほんものの食育
 
   保育園の食事を通して育つもの  
     NPO法人東京都公立保育園研究会自主グループ食育研究会
  魚を見て触ったら、食べたくなっちゃった!  神田真奈美
  「楽しく食べる子どもに
  ―保育所における食育に関する指針」
   (厚労省)とは
 久保美和子
       
  中学生は朝食をどう考えているか  茨城県行方郡玉造町立玉造中学校
  楽しい朝ごはんのメッセージ  茨城県保健福祉部子ども家庭課
       
  食事どきのテレビどうしていますか?  読者サポーターのアンケードより
  【トピック】
 国内初の変異型ヤコブ病と米国産牛肉輸入再開圧力
 天笠啓祐
食べもの文化 5月号
  一覧へ

4月別冊 ごはん大好き!子どもに人気のホカホカごはん
 
食べもの文化編集部編  A5判/112頁/定価 本体1238円+税

ごはんは太らない!? ごはんはどうしておいしいの!? 思わず子どもに教えたくなるごはんの豆知識の他、おいしい「ごはん」レシピを約80点掲載。 「大好き」シリーズ最新刊。
 
◇主な目次◇
 
1章  ごはんパワーで今日も元気!―お米知識編―
●ごはんはエネルギーの源/●お米の栄養/●お米がおいしい理由/●いろいろなものに使われているお米●ごはんは何にでも合う/●ごはんは太らない!!/●ごはんが炊けるまでの科学/●世界にはこんなに米の料理が/●アレルギー米について
2章 ホカホカごはん おいしいレシピ集
●白いごはんと合わせておいしいおかず  春夏秋冬
●旬のまぜごはん  菜の花ごはん/せりごはん/雑穀入りごはん/里芋・みそ炊き込みごはん/他
●お祝いごと・行事  おひなさま飯/ケーキ寿司/こいのぼりオムライス/赤鬼さんライス/他
●洋風  カレーピラフ・じゃご入りガーリックライス/他
●中華風  中華おこわ/他
●丼もの  さんまのかばやき丼/マーボー丼/他
●おにぎりいろいろ
ごはん大好き!子どもに大人気のホカホカごはん
  一覧へ

食べもの文化 4月号 No345
 
特集:朝食で元気脳をつくる
 
   朝ごはんを食べて脳に活力を  中川八郎
   朝食噛んで、脳に活力  船越正也
  生活リズムと朝食で元気脳  鈴木みゆき
  おひさまだいすき!
 ―保育園の生活リズム改善プロジェクト―
 足立区立弘道保育園
  中学生は朝食をどう考えているか  茨城県行方郡玉造町立玉造中学校
  楽しい朝ごはんのメッセージ  茨城県保健福祉部子ども家庭課
       
  トピックス  
    ノロウイルス―
 一連の事件と問題点、今後の展望について
 笹井勉
    若い女性は野菜不足―野菜摂取状況の調査から  加納三千子
食べもの文化 4月号
  一覧へ

3月別冊 毎日のバイキング給食
 ――食べたい量がわかる・身につく献立60
 
小川美智子著  B5判/148頁/定価 本体2000円+税

保育=食育!「保育園って子どもが楽しくすごすところだよ、そして給食がすごくおいしいところだよ」が子どもに伝えられる、東京都福生市弥生保育園のレシピ&食育実践集。
 
★主な目次★
 
1章  保育は食育 おいしい楽しいバイキング給食
バイキング給食でみんな元気いっぱい/手探りでスタート/バイキングの流れ/年間給食計画
◆バイキング献立レシピ 春夏秋冬60
鮭の照り焼き献立/スコッチエッグトマト煮献立/ハンバーグきのこソースとかぶのシチュー献立/他
2章 作って食べるとこんなにおいしい!
◆子どものやる気でステップアップした「カレーの日」 野菜の皮むきからスタート/他
◆粉でいろんな料理を作ったよ! 月見団子作り/ピザを作ったよ!/他
◆お米ができました!
3章 季節の食事での風景
お花見会食/こいのぼり会食/おもちつき/毎月クッキング/お誕生会/他
毎日のバイキング給食
  一覧へ

食べもの文化 3月号 No344
 
特集:子育て・保育Q&A「新学期お困り現象」アドバイス
    ――お母さん、保育士さんへ・・・参考度100%
 
   好き嫌い、偏食について(野菜嫌いの子が多い/他)
   II 生活リズム――朝ごはん・睡眠などについて(大人中心の生活リズムで…/他)
  III 離乳食・指しゃぶりなど(薄味を嫌がる/指しゃぶりは続けていいの?/他)
  IV 食事時の様子で気になること(お箸をうまく使えない…/食事中立ち歩く/他)
  V アレルギーと給食について(保護者の理解をどう深めるか…/他)
  VI その他(標準的な食事時間は?量は?/他)
  VII 学童期の食に関して(給食指導どうすれば…/他)
  【回答者】安藤節子・鈴木みゆき・倉信均・小野友紀・井上美津子・佐々木妙子・
     室田洋子・野中壽子・角田和彦・加藤マチ子・宍戸洲美
食べもの文化 3月号
  一覧へ

2月別冊 子どもの食・心の交流 ――心の声を聴くヒント
 
上原優子著  A5判/136頁/定価 本体1238円+税

悪気はないのにささいな一言で傷ついたとき、思っていることが表現できなくて誤解されたとき…心がねじれてしまった関係回復の方法は? 食行動に現れる子どもの心の発達の変化を追いながら、コミュニケーション力を高めるヒントを教えます。
 
★主な目次★
 
第1部 子どもの心の発達と食行動
母子の絆のはじまり
●子どもの心の発達段階 乳児期〜成熟期
●子どもの行動をどう見て対処していくか
●こどもの心を聴くことをじゃまするもの
●箱庭療法
●乳幼児期、小児期早期の哺育障害――その症例
●子どもの糖尿病●他
第2部 相談室のなかから
●愛を伝える五つの方法――「共にいてあげる時間」の大切さ
●子どもの心の発達を見守る――親と子の協力関係を築き直す
●コミュニケーション力をたかめる――そのアイデア ●発達障害をもつ子どもを後押しするために
子どもの食 心の交流
  一覧へ

食べもの文化 2月号 No343
 
特集:最新!食物アレルギー情報
 
   わかる!食物アレルギーの基礎と最新情報  海老澤元宏
   学校給食で起こったアナフィラキシーショック
 ―小学校でのアナフィラキシーショックの予防対策―
 宍戸洲美
    【特別企画】 地震(災害)に備えて!  
  地震(災害)の時、アレルギーっ子は  角田和彦
  保育園の経験から/日頃の積み重ねこそ災害時に力を発揮する
 ―非日常状態のなかでこそ大切な日常性―
 山ノ井景子
       
  国際コメ年と遺伝子組み換えイネ  天笠啓祐
食べもの文化 2月号
  一覧へ

食べもの文化 1月号 No342
 
特集:
大量生産・大量消費される加工食品
 
   便利なレトルト・冷凍食品なら子どもにも安全・安心?  渡辺雄二
   加工食品の歴史をさかのぼると  加納三千子
  高校生によるレトルトカレーと手作りカレーの食べくらべ
―食の営みをとりもどす!
 渋谷絹子
  挑戦してみよう!我が家のファーストフード  こばやしまりこ
食べもの文化 1月号
  一覧へ
↓2004年度出版↓
食べもの文化 12月号 No341
 
特集:唾液がでない!?―子どもの口にいま何が…?
 
   いま、子どもの口に何がおきているのか  桑原未代子
   “唾液”の出ない子どもたち !?  野井真吾
  舌・口の動き―子どもはこのように獲得する
 ―離乳食の与え方と口の発達
 山崎祥子
  みそ汁で口を育てよう!  小川美智子
       
  第19回「食と健康を考えるシンポジウム」の夏
 ―東京・大阪に950名の熱気
 
食べもの文化 12月号
  一覧へ

11月増刊 BSE・遺伝子組み換え食品
 揺らぐ食の安全―世界で、日本で、食卓で
 
天笠啓祐著  A5判/96頁/定価 本体1000円+税

BSE、鳥インフルエンザ、遺伝子組み換え食品、水銀汚染魚、カドミウム米… なぜ食の安全が揺らいでいるのか。流通のしくみは。生産者は、消費者は、政府の対応は。
食をめぐる事件をやさしく解説、原因を探るとともに、食をめぐる世界の新しい動きと日本の現状を検証します。
 
★主な内容★
 
第1章 揺らぐ食の安全―世界で、日本で、食卓で
食をめぐる世界の新しい動き/輸入食品をめぐる問題/BSE(牛海綿状脳症)に見る病める畜産/鳥インフルエンザに見る病める畜産/アメリカ産牛肉の病理/新規食品をめぐる動き/復活する公害病/生産効率化からの転換が世界の流れ/他
第2章 食の安全を脅かす事件の背景―BSE,遺伝子組み換え食品、“腐敗”した食品メーカー
◆BSE(牛海綿状脳)
 アメリカ産牛肉輸入再開へ動きだす/BSEとは何か?/目立つ農水省の対応のまずさ/他
◆遺伝子組み換え作物・食品
 日本の食卓にはたくさんある/遺伝子組み換え食品とは?/消費者が選べない表示/他
◆牛乳中毒事件・牛肉偽装事件から見えてくるもの
 雪印乳業事件/雪印食品事件/日本ハム事件/半年保管後の卵出荷事件/事件の背後にあるしくみ/他
揺らぐ食の安全
  一覧へ

食べもの文化 11月号 No339
 
特集:「ひとり食べ」はなぜいけないの?
 
   子どもの生活リズムとひとり食べ  宍戸洲美・大鶴玲子
   【参考資料】毎日家族一緒は、朝食25.8%、夕食31.6%  
  孤食の子どもの体と心は?  西村一郎
  子どもにとっての食事の意味は?  室田洋子
  お母さん!肩の力を抜いて子どもと食事を  赤沼陽子
  孤食はいつから始まった?―48年間の果報負け  加古明子
       
  【トピックス】BSE全頭検査見直しの背景  天笠啓祐
食べもの文化 11月号
  一覧へ

10月別冊 動物の食からみる現在の食生活へのヒント
 
中川志郎著  A5判/120頁/定価 本体1238円+税

おかあさんが食べたユーカリしか食べないコアラ
吐き戻し給餌で親子の絆や社会性を獲得するオオカミ・・・
動物たちの生の営みはすべてセルフメディケーション(自己治療)。
多摩・上野動物園園長を歴任した獣医師が送る動物の食と子育て。
 
★主な内容★
第1章 動物の進化と私たちの食
「食べること」と「増えること」/ヒョロヒョロのびるコアラのおっぱい/おっぱいの役割―身体を育てる・心を育てる/環境にあわせて進化する動物、自分に環境をあわせる人間/パンダの腸/食でつながる社会性/家族の絆/食育ということ/他
第2章 動物たちの健康法
「セルフメディケーション」の世界/カバがかかった「文明病」/水洗トイレの常習者!? バク/ゾウさんのおなら/未熟児を育てるクマの秘密/骨身を削って>ニシキヘビの子育て/「妹」の誕生…チンパンジーの場合/森と動物たちと人/他
10月別冊
  一覧へ

食べもの文化 10月号 No338
 
特集:食欲の秋につくる体のリズム
 
   なぜ「食欲の秋」っていうの?  沢野 勉
   秋の養生・冬の養生  木下優子
  冬に向かっての体の備え  東海林照一
  アンケート・保育園で秋をどのように取り入れていますか?  
  秋には秋の野菜を!―旬の食材を見逃さないで食べましょう  深見弘子
食べもの文化 10月号
  一覧へ

9月別冊 園長パパの楽しく食べよう
 ―食は自然と人とのコミュニケーション―
 
島本一男著  A5判/104頁/定価 本体1238円+税

東京・八王子・浅川保育園園長 島本一男先生の保育実践集。育てて食べるスイカ、食材にふれるピーマン、作って食べるジャム、バイキング>「子どもは人と自然の中で育つ」を基本に自然とかかわる生活や遊びを取り入れ、その中から生きる喜びや命を伝える保育を実践中。(「食べもの文化」の楽しい連載に大幅加筆!)
 
◇目  次◇
1章  食べものだより12か月―育てる、触れる、作って食べる
  新入園児―給食食べる子、食べない子/野菜を作る/みんなでジャム作り/
  七夕と流しそうめん/手を通して見る体験を/めざしと豆―節分・行事食/リクエスト給食/他
2章  楽しく食べて意欲を育てる
 給食室のあり方が問われている―保育園に調理室は必要か/保育と給食―給食は保育の一環/
9月別冊
  一覧へ

食べもの文化 9月号 No337
 
特集1:コメは人類のいのちの綱〜国際コメ年にちなんで考える〜
 
   世界の食糧―世界の半数が食べている「お米」  笹野武則
   日本のお米をいつまでも食べつづけるために
 坂口正明
  主食の米について学ぶ―ある授業風景から  桑畑美沙子
  参考資料  
 
特集2:保育園給食に外国人の子を受け入れて
 
   心かよわせ、文化を受け入れて  小野友紀
   アンケート「保育園給食の外国人の子への対応について」
       
トピック☆  
天然着色料「アカネ色素」に発ガン性  天笠啓祐 
食べもの文化 9月号
  一覧へ

食べもの文化 8月号 No336
 
特集:夏休み!食事づくりにチャレンジ!〜ぼくとわたしの献立1週間〜
 
   食事づくりは人間の大切ないとなみ
〜子どもが作ることの意味を考えてみましょう〜
 丸岡玲子
   今日のごはんは何にする?〜家族の食事を作ろう〜
ごはんをたく/みそ汁・すまし汁/豚肉のしょうが焼き/さけのムニエル/わかめサラダ/きゅうりの酢のもの/こまつなのからしあえ/夏野菜のカレー/アスパラガスのベーコン炒め/ハムエッグ/そば・そうめん/冷やし中華めん/焼き豚/トマト&シーフードでペスカトーレ/和風きのこのスパゲティ/サンドイッチ/あとかたずけ/料理をいっそうおいしく食べるには/他
 栗原和子・伏島礼子
       
トピック☆  
食の安全を守るためには  天笠啓祐 
食べもの文化 8月号
  一覧へ

食べもの文化 7月号 No335
 
特集:体にいい清涼飲料ってあるの?―夏の飲み物について考える
 
   キャッチフレーズに“騙されてはいけない”“躍らされてはいけない”
“その気にさせられてはいけない”
 編集部
   子どもに飲ませたくない飲み物  渡辺雄二
   アミノ酸飲料ってどんなもの?  小川雄二
   ますます増える特定保健用食品―許可410食品に―  編集部
  新茶の季節―おいしいお茶のいれ方  荻野香宝
    【参考資料】清涼飲料の栄養表示から  
       
トピック☆  
不正表示・偽装表示はなぜなくならないのか  天笠啓祐 
食べもの文化 7月号
  一覧へ

食べもの文化 6月号 No334
 
特集:調理現場から食中毒をなくす!
 
   食中毒を起こさないための衛生の基本  橋本 隆
   調理現場からの質問 食中毒 Q&A  笹井 勉
   保健所は誰を守るの?
 ―集団食中毒の事例から見えるもの
 高野鈴子
       
  遺伝子組み換え食品はいま(下)
 ―遺伝子組み換え稲と小麦をめぐって
 天笠啓祐
  クローンについて知りたい―読者の質問にお答えします  杉田史朗
  プランターでできる夏野菜の作り方  村田知章
食べもの文化 6月号
  一覧へ

食べもの文化 5月号 No332
 
特集:ベビーフードでいいの?赤ちゃんの離乳食
 
   増え続けるベビーフードの消費量・他  
   離乳食は手づくりがいい
 ―赤ちゃんの選択
 小野友紀
   食べくらべてみました
 ―ベビーフードと手づくり離乳食
 上橋俊子
   離乳食は赤ちゃんに合わせて  田村幸子
       
  遺伝子組み換え食品はいま(上)  天笠啓祐
    遺伝子組み換えはいらない!広げよう有機農業!
 ―弟32回日本有機農業研究会大会・全国有機農業の集い・
  今治大会開かれる―
 
    2002年国民栄養調査の結果から見えること  編集部
食べもの文化 5月号
  一覧へ

食べもの文化 4月号 No331
 
特集:朝食で毎日元気!成績アップ!
 
   朝食・快便で、からだも心も1日元気  前橋 明
   朝ごはんと生体リズム  鈴木みゆき
   朝食と子どもの心身の健康な発達  新村洋史
   朝食で「1日元気」のエンジンスタート!  こばやしまりこ
   “30秒”朝ごはんのメリットとデメリット  
   朝ごはんのススメ  
       
  トピックス  
    鳥インフルエンザの拡大と人間への影響  天笠啓祐
食べもの文化 4月号
  一覧へ

食べもの文化 3月号 No330
 
特集:育てて食育・食べて食育
 
   食育キャラバン隊参上!
―食べることの大切さがわかる子どもたちを増やすために
 大原直子
   料理保育―1歳児もウキウキ  佐々木雄大
   菜園活動―長雨で育たなかった野菜  室永恵里
   食農教育―「出張講座」をどうぞ!  三宅逸子
   畑の学校―都市農業の明日  白石好孝
   命の教育―ニワトリから贈られた「命・心・食」  高尾忠男
       
  トピックス  
    米国でBSE―輸入依存の農政をあらためる機会に  杉田史朗
    アレルギー増加と化学物質  角田和彦
食べもの文化 3月号
  一覧へ

食べもの文化 2月号 No329
 
特集:食物アレルギーの基礎と予防と新しい問題
 
   食物アレルギーの基礎と治療  太田展生
  化学物質や歯科金属の影響―アレルギー専門医の立場から―  島津恒敏
  「アレルギー表示」の制度の内容とその問題点  武内澄子
       
  トピックス  
    動物の耐性菌とは
 ―耐性菌の出現と畜産物生産現場における抗生物質の乱用―
 小暮一雄
    BSEその後―背骨付き牛肉禁止の裏側  杉田史朗
食べもの文化 2月号
  一覧へ

1月別冊 おいしく味わう体のしくみ
 ――子どもに豊かな味覚を
 
山本隆 編  A5判/116頁/定価 本体1238円+税
 赤ちゃんが一番はじめに感じる味とは?食卓での経験は好き嫌いにどう影響するの?「おいしさ」を感じる脳のしくみ、外食や食品添加物による味覚への影響など、「味覚」への理解を深めます。
 
◇主な目次◇
1 味を感じるしくみ
味はどこで感じる?/次々と生まれかわる味細胞/五つある味覚の種類/他
2 「おいしい」を生み出す要素とは?
「おいしい」の四つの要素/生得的な要素/体内欲求性の要素/獲得的な要素/他
3 脳はおいしさをどう感じるか
甘いもの、すっぱいものを感じる速さ/「おいしい」時、副交感神経が活動する/脳内物質がおいしさに関わっている/食べる意欲が出るドーパミン/他
4 好き嫌いはなぜできる?
食べものの好き嫌いはなぜ問題?/楽しい思い出も好きになる大切な要素/好き嫌いを少なくする4つのポイント/他
5 おいしく食べていきいき健康
カロリーが高く脂肪分が多い外食/味覚障害を引き起こす食品添加物/記憶される味、匂い、豊かな愛情/他
1月別冊
  一覧へ

食べもの文化 1月号 No328
 
特集:免疫を高める食と生活
 
   免疫を高める食生活とライフスタイル  森本兼曩
  心とからだと免疫  志村正子
  あなたの笑顔、なにより薬!  昇幹夫
食べもの文化 1月号
  一覧へ
↓2003年度出版↓
食べもの文化 12月号 No327
 
特集:おでんを食べてみんなほかほか
 
   おでん――その履歴書と働きぶり   沢野 勉
  鍋物をつつくと、心がつながる  室田洋子
  “おでん”は家族みんなのファーストフード  こばやしまりこ
  さつま揚げなど、おでん種の食品添加物がちょっと心配  渡辺雄二
  予想に反し、おでん種の1位は大根・玉子  高野鈴子
食べもの文化 12月号
  一覧へ

食べもの文化 11月号 No325
 
特集:体と心を育てる食のあり方
   ―第18回食と健康を考えるシンポジウム[東京開催]から―
  脳を育てる“食脳学”―脳と食のイイ関係  大島清
  日本人にあった食と環境整備でアレルギーを予防し改善する  角田和彦
  発達には個人差があります。その子のペースを大切に  井上美津子
  日中しっかり活動し、早寝早起きを  神山潤
  おいしいものをおいしく食べる  山本隆
  <ディスカッション> わが子・孫の時代に思いをはせて、いま、食を見直す
食べもの文化11月号 
 
一覧へ

食べもの文化 10月号 No324
 
特集:手づかみ食べと離乳食
 
  手づかみ食べと離乳食の進め方  小野友紀
    @ 手づかみ食べは大事な通過点
    A 手づかみ食べで子どもは何を学んでいくのでしょう
    B 離乳食の進め方
  食べる機能はどう育つか―手づかみ食べの大切さ―  井上美津子
食べもの文化10月号 
 
一覧へ

9月別冊  元気な子どもを育てる!保育園の食事&健康だより
 
食べもの文化編集部編  A5判/144頁/定価 本体2000円+税

 季節ごとの食事だより&健康ポイント満載!季節ごと66点のテーマを、おたよりの形でまとめました。保育だより・園だより・保健だよりにすぐに使えます。かわいいイラスト満載で、メッセージがダイレクトに伝わります。
 
◇主な目次◇

第1章 食事編
 お弁当 楽しく手軽に!/朝ごはんはなぜ大事?/子どもにとっておやつって?/野菜嫌い、どうすればいいの?/早寝早起きができる食事!!/清涼飲料、糖分に気をつけて/スナック菓子はなぜおいしい?/子どもにサプリメントは必要ですか?/手づかみ食べと離乳食/子どもの食欲とは/旬を伝えよう―ミニ食材図鑑/季節ごとの行事食・いわれ/他

第2章 健康・衛生編
 健康な歯/子どもが疲れるってどういうこと?/食中毒/快便のススメ/初夏からの健康管理/眠りは脳と心の栄養!/食物アレルギー/風邪/今シーズンの健康ポイント/他

元気な子どもを育てる!保育園の食事&健康だより
  一覧へ

食べもの文化 9月号 No321
 
特集:油、どのくらい摂ったらいいの?
 
  子どもは、油料理が好き  倉信 均
  ふだんの料理で、油はどのくらい摂っているのか?  西部典子
  油脂(油)を上手に摂取しましょう―日本人は摂りすぎている!―  石川 徹
  あぶら(油脂・脂質)とはなんでしょう  編集部
  油の歴史―新しい油の開発は?―  杉田史朗
食べもの文化9月号
 
一覧へ

食べもの文化 8月号 No320
 
特集:夏には夏の野菜を食べよう
 
  夏には夏の野菜をたくさん食べよう  こばやしまりこ
  美味しい夏野菜、育てていますか?  村田知章
  菜園活動をとおして―健康に育てよう子どもの心とからだ―
 橋本市・伊都郡支部 給食部会
  キュウリ・トマトは今が旬!?―野菜の旬を考える  鮎沢義男
  「野菜の旬」についての新しい視点  細川允史
  食べたい夏野菜・夏の果物―でも、アレルギーにはご注意を  角田和彦
食べもの文化8月号
 
一覧へ

食べもの文化 7月号 No319
 
特集:今夏はお茶飲料?アミノ飲料?
 
  お茶の良さをパックに
 ―家で入れるお茶とペットボトル・缶のお茶はちがうんですか?―  社 三雄
  アミノ酸飲料とは  横越英彦
  意外に古くからあったアミノ酸飲料
 ―それで体づくりできましたが、しますか―  安藤節子
  ねえねえ教えて―清涼飲料についてのこんな疑問
  今年はアミノ酸飲料ばっかり!?  高野 鈴子
食べもの文化7月号 今夏はお茶飲料?アミノ飲料?
 
一覧へ

食べもの文化 6月号 No318
 
特集:お米の栄養と健康
 
  “米”ってなあに―お米のかしこい選び方―  笹野武則
  こんなにすごい!お米のパワー―お米の栄養と健康  小川雄二
  ご飯を健康的に食べよう!  根本悦子
  自分たちでつくった米で“きゅーきょく”の桜もち  藤本勇二
  米百科
    コンビニのおにぎり、包装米飯って?  編集部
    無洗米は洗わなくていいの?  編集部
    今遺伝子組み換え稲はどうなっているか?  天笠啓祐
    輸入米は今どこに  二瓶康一
    米の安全性について 石黒昌孝
    稲と環境・棚田の役割  高浪浩
    国民の主食・米のゆくえ―「米政策改革大綱」「食糧法改正案」を読む  坂口正明
食べもの文化6月号 目の疲れ、肩のこり――なぜ?
 
一覧へ

食べもの文化 5月号 No318
 
特集:“脳力”アップの食と生活
 
  今、なぜ脳なのか?  高柴光男
  脳の発達にはどんな栄養成分が大切か  小川雄二
  旬をみんなでよく噛んで食べる―それがあなたを救う―  大島清
  子どもの生活とゲーム脳  森昭雄
  頭を悪くする生活の10カ条
食べもの文化5月号 目の疲れ、肩のこり――なぜ?
 
一覧へ

食べもの文化 4月号 No317
 
特集:おやつ――おいしく、たのしく、健康的に
 
  これが“正しい”おやつの考え方  安藤節子
  オリカが選んだお菓子14品目を調べました―市販のお菓子の中身―  編集部
  こんなに心配、子どものお菓子―ほんとうに食べさせていいの?気になる添加物― 船瀬俊介
  おやつを作ってみよう 石井正江
  現代っ子のおやつ事情―ベネッセ「小学生ナウ」調査レポートより
食べもの文化3月号 目の疲れ、肩のこり――なぜ?
 
一覧へ

食べもの文化 3月号 No316
 
特集:目の疲れ、肩のこり――なぜ?
 
  子どもたちの過労性疾患――目の疲れ・肩こり――  渡辺靖之
  肩こりの陰にある病気に注意  福田宏明
  現在の子どもたちの“姿勢”を考える  野井真吾
  人間の宿命・肩こりを治すツボ  秋元惠実
  肩こり解消――自分でできる簡単体操――  B&G財団普及振興課
食べもの文化3月号 目の疲れ、肩のこり――なぜ?
 
一覧へ

食べもの文化 2月号 No315
 
特集:食物アレルギー治療・除去食以上に解除食が大切
                      森岡芳雄
 
  アトピー性皮膚炎と食事療法と食物アレルギーについて
  なぜアレルギーの病気になるのか?アレルギーの病気が増えているのか?
  アレルギーの病気の診断と抗原検索について
  診断のために必要な食物除去・負荷試験
  食物抗原について/食事療法について/食物アレルギーからの離脱について
  食事療法解除の時期について/解除に際しての経口負荷試験について
  負荷試験後の自宅での解除過程の実際と留意点/解除後の経過について
食べもの文化2月号 食物アレルギー治療・除去食以上に解除食が大切
 
一覧へ

食べもの文化 1月号 No314
 
特集:風邪に“サヨナラ”しましょう
 ―風邪対策はお早めに
 
  風邪の常識・非常識―風邪とインフルエンザQ&A  石川 徹
  子どもの風邪―注意することと予防 小松孝允
  風邪をひかないために―自分でできる予防法 藤森 弘
  風邪で体調が悪い時にはこんな食事を 根本悦子
  バランスよく食べるってどういうこと? 中丸ちづ子
食べもの文化1月号 風邪に“サヨナラ”しましょう
 
一覧へ
↓2002年度出版↓
食べもの文化 12月号 No313

特集:子どもの食事の変化とその社会背景
   ―朝食からはじめる食リズムの回復    坂本元子

 ◆ 子どもの生活習慣病のリスク増加と社会環境
 ◆ 肥満とコレステロール
 ◆ 朝食の摂取状況について
 ◆ 子どもの健康を阻害する社会的背景
 ◆ 「保育者」の意識を高めましょう
食べもの文化12月号 子どもの食事の変化とその社会背景
 
一覧へ

食べもの文化 11月号 No311
 
特集:食が心と体の育ちを支える
 ―「第17回 食と健康を考えるシンポジウム」大阪開催から
  競争ではなく共生の生き方と食育 新村洋史
  子どもの視線で見ると見えてくる 眞鍋 穰
  「おいしいね」といって食べる食卓 室田洋子
  育児雑誌をうのみにせず離乳食中期を大切に 山崎祥子
  会場のみなさんと一緒にお話し合いタイム
食べもの文化11月号 食が心と体の育ちを支える
 
一覧へ

  10月号 N0310 特集:便秘解消 食べものと生活
  便秘はなぜ起こるのか―病気が隠れていることもあるから要注意― 山口ときこ
  便秘を解消するための食事 山口ときこ
  子どもの便秘―原因と対策、生活と食事で注意すること― 鈴木 隆
  トイレはおなかの天気予報 木下優子
一覧へ

  9月号 N0309 特集:どうすれば回復できる?食の安全
  食の安全を脅かすもの
  輸入野菜の実態と安全性
  なぜ続く?食品表示の問題
一覧へ

  8月号 No308 特集:早寝早起きと食事の関係
  宵っ張りの子どもが日本で増えている
  元気がでる朝食、楽しい夕食
  子どもたちは夜食をどのように食べているのか
一覧へ

  7月号 N0307 特集:清涼飲料―名前で選ぶ?中身で選ぶ?
  清涼飲料と子どもの健康
  清涼飲料にどんな水を使用するのですか?
  清涼飲料10の「?」に答える
一覧へ

  6月号 N0306 特集:食中毒事件はなぜ起こるのか
  食中毒をおこさないための食品衛生の基礎
  食中毒事故事例の現場から
  小学生の「手洗教室」に取り組んで
一覧へ

  5月号 N0304 特集:好き嫌い−なおしたほうがいいの?
  「好き嫌い」ってなんだろう!
  好き嫌いなんてあってもいいよl
  味覚の発達と食生活
一覧へ

  4月号 N0303 特集:コンビニ「食」がなくては生きていけない?
  コンビニに依存している子どもたち
  コンビニ弁当の材料・さ剤口物・栄養素チェック
  コンビニ弁当と上手につきあおう
一覧へ

  3月号 N0302 特集:マヨラー・ケチャッパ−が増えている!?
  マヨネーズの増加と背景
  マヨネーズの科学
  コマヨラー・ケチヤッパーの弊害と病気
一覧へ

  2月号 N0301 特集:アレルギーと食べもの・食品事典
  アレルギーのしくみ
  アレルギーと食べもの
  食品別にみるアレルギーとその対策
一覧へ

  1月号 N0300 特集:子どもの命を守る
  伝統の食文化を取り戻してからだも心も健康に
  子どもの権利条約に照らして子どもの命を守るとは?
  子どもの命・生命を守る社会構造とは
一覧へ

2016年〜2013年〜2015年2010年〜2012年2007年〜2009年|2006年以前