◆ 子どもの体と健康問題

書名

自分で考え自分で決める からだ・食事・睡眠シリーズ
好きなものだけ食べてなぜ悪い?

好きなものだけ食べてなぜ悪い?

著者名

可野倫子

定価

本体1200円+税

ISBN

978-4-89579-392-6

判型

A5判

96

発行日

2017/7

心と体が健やかであるために、食べたものがどうやって自分の体になるのか、どんな時にどんなものを食べればいいのかを、小学生からわかることばとイラストで解説。自分の体に必要な食べ物や量を知ることで、より元気に笑顔で暮らせます。

主な目次

第1部 食べものが私になるまで
第1章 食べもののゆくえ/第2章 食べものの働きー栄養素/第3章 栄養バランスのよい食品の選び方は?/【食品選びで気をつけたいこと】栄養バランスは買い物から!

第2部 どんな時にどんなものを食べればいいの?
第1章 1日に何をどれだけ食べればいいの?/第2章 食べ方の基本ー献立の考え方/第3章 季節の恵みからいただく食べもの/第4章 いつ食べるの?/第5章 誰と食べる?/第6章 みんなで一緒に1食の適量を食べよう!/第7章 間食は食べてもいいの?/第8章 調子の悪い時は何を食べればいいの?

第3部 自分で食事を作ってみよう!
第1章 ごはんを炊いてみよう/第2章 みそ汁を作ってみよう/第3章 自分でお弁当を作ってみよう!

★一覧へ


書名

自分で考え自分で決める からだ・食事・睡眠シリーズ
寝ないとドジるよ、アブナイよ

寝ないとドジるよ、アブナイよ

著者名

神山潤

定価

本体1200円+税

ISBN

978-4-89579-389-6

判型

A5判

88

発行日

2017/3

ヒトは寝てはじめて元気が出る動物です。でも日本の子どもは睡眠時間が短いようです。では、寝ないとどうなるの?どれくらい寝たらいいの?そんな大事だけどよくわからない眠りについて神山先生といっしょに学びましょう!

主な目次

第1部 眠りの博士が伝える「眠りのためのオススメ生活」
第1章 日本の小中学生の眠りの実際/第2章 眠りについて勉強しよう/第3章 元気でいるために大切なこと/第4章 知っておきたい眠りに関係する病気/第5章 私にはみなさんがホントに大切なんです

第2部 眠り博士が答える「眠り・生活の疑問」
Q1,早く寝ようと思っても、1時間くらい寝つけません。どうしたらいいですか?(小学生)/Q2,子どもたちが、ますます深夜型になってきていると実感しています。中・高生になったとき、何かリスクがあるのではないかと心配です。(小学校養護教諭)/他 

★一覧へ


書名

乳幼児の便秘

乳幼児の便秘

著者名

倉信均 可野倫子

定価

本体1200円+税

ISBN

978-4-89579-388-9

判型

A5判

80

発行日

2017/2

子どもの便秘で悩んでいませんか?子どもの排便の基本から生活リズムとの関係、どうして便秘になるのか、便秘になったときの対応はどうしたらよいのか、長年子ども達の診療に携わる小児科医の倉信先生が伝えます。管理栄養士の可野先生による便秘に有効な食べもの、食事レシピ付き。

主な目次

1 子どもの排便 基礎・基本
・排便のしくみは? ・子どもの便の排泄の発達 ・便秘症とは ・便秘がおこるわけ
・1歳までの便秘は? ・排便と生活リズムの関係
・便秘ですぐに受診した方がよいのは、どんなとき? ・習慣性便秘症の治療

2 子どもの便秘・下痢 Q&A

3 子どもの便秘に有効な食べもの・暮らし方
・「うんち」の正体と理想の「うんち」 ・腸内に大切な食べもの
・食物繊維の働きについて

4 便秘に有効なレシピ

★一覧へ


書名

自分で考え自分で決める からだ・食事・睡眠シリーズ
からだの元気大作戦!

からだの元気大作戦!

著者名

野井真吾

定価

本体1200円+税

ISBN

978-4-89579-385-8

判型

A5判

96

発行日

2016/8

どうして元気なからだが必要なのか、そのためにはどんな生活をしたら良いのか、そのための作戦を伝えます。保護者に朝ごはんや睡眠をしっかりとることがなぜ子どもにとって大切なのか、そのためには具体的に何から始めたらよいのかアドバイスをするのに役立ちます。

主な目次

第1部 からだ博士が伝える「元気のためのオススメ生活」
第1章 理想の生活と現実の生活
 ・健康生活は、夢や希望を叶えるための「はじめの一歩」
第2章 健康生活の知られざる効果 ・しっかり動いていますか?
第3章 元気のもと「セロト忍」の分泌
 ・「セロト忍」分泌の秘訣 ・深呼吸で、緊張緩和
第4章 快眠生活のためのオススメ実践法
 ・カーテンを開けて寝ていますか?
 ・毎日の生活とセロト忍、メラト忍

第2部 からだ博士が答える「からだ・生活の疑問」

★一覧へ


書名

イラストで学ぼう!子どものケガ・病気・感染症

イラストで学ぼう!子どものケガ・病気・感染症

著者名

朴賢晶・鈴木陽子・赤塚徳子 著 / 蘆田明雄 監修

定価

本体1400円+税

ISBN

978-4-89579-372-8

判型

A5判

112

発行日

2015/4

子どもの突然のケガや病気にどう対応すればよいでしょうか?保育園や幼稚園で子どもがケガをしたり、熱を出したりすることはよくありますが、うまく対応できずに保護者とトラブルになることがあります。本書は、子どものケガや病気への対処の仕方をイラストでわかりやすく解説しながら、保護者へ伝える内容や医療機関受診の目安を簡潔にまとめています。

主な目次

1章 こんなときどうする?病気・事故
【病気】発熱/熱性けいれん/嘔吐/下痢/熱中症/食物アレルギー/ぜんそく発作
【事故】すり傷・切り傷/鼻血/骨折・ねんざ/脱臼/頭のケガ/かみつき/誤飲/虫刺され/異物混入/おぼれる(水の事故)

2章 子どもがかかりやすい感染症
インフルエンザ/流行性角結膜炎(はやり目)/咽頭結膜炎(プール熱)/麻疹(はしか)/突発性発疹/風疹(三日ばしか)/流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)/水痘症(みずぼうそう) 他

コラムなど
●心肺蘇生法 ●119番 通報マニュアル ●遊具点検チェックリスト ●乳児マッサージ法

★一覧へ


書名

子どもの発音とことばのハンドブック

子どもの発音とことばのハンドブック

著者名

山崎祥子

定価

本体1400円+税

ISBN

978-4-89579-345-2

判型

A5判

112

発行日

2011/7

子どもにかかわる職業の方やお母さんが、子どもの発音が気になった時に役立つ本です。 子どものことばや発音の発達、検査・訓練について紹介。よくある質問に答えて、ケースごとにわかりやすく解説。保育園や・家庭でできる発音を育てる遊びや、子どもへのかかわり方を紹介します。

主な目次

1章 発音の障害はどこで起きているのか
    ─発声・発語のしくみと構音障害のタイプ─
 1発音がつくられるしくみ 
 2構音障害の原因とタイプ 
 3ことばの発達のしかた
2章 構音障害は、どのようにして起こるのか 
    ─発音を覚える順序と日本語の音の種類─
 1発音の発達のしかた
 2聞き分ける力の発達のしかた
 3日本語の音の作られ方
3章 専門家はどのような検査や訓練をするのか 
    ─専門家による訓練と家庭や保育所での取組み─
 1機能性構音障害の検査と訓練方法
 2専門家の行う構音訓練の方法
4章 家庭や保育所でできる、発音を育てる遊び
Q&A この子の場合はどうなのかしら?

★一覧へ


書名

起立性調節障害
 ―朝、おきられない子どものために

免疫力を高める生き方・食べ方・暮らし方

著者名

大国真彦

定価

本体1333円+税

ISBN

978-4-89579-330-8

判型

A5

104

発行日

2009/10

起立性調節障害は、小学校高学年〜身長が伸びる成長期、休み明けや病気をした後に起こりやすい病気です。
やる気がしない、倦怠感、不安、イライラ、不眠などから始まります。
早く発見し適切な治療をすればうつ状態や不安神経症など重症化せず回復がかなり容易な病気です。
本書では、現状と子どもの体と不定愁訴、病気の特徴と発病のメカニズム、診断基準、病例と治療等について述べます。

主な目次

〔一〕 起立性調節障害(OD)の概念
〔二〕 子どもの不定愁訴とは 
〔三〕 ODと子どもの体
〔四〕 ODの病態生理
〔五〕 ODの症状
〔六〕 ODの診断基準
〔七〕 ODと判定されるまで
〔八〕来院した患者の症例
〔九〕ODと合併症
〔十〕OD治療の実際
 〈1〉OD治療の基本的な考え方/〈2〉昇圧剤の使用/
 〈3〉うつ状態の発見と対策/〈4〉頭痛
 〈5〉寝付きと夜間覚醒/〈6〉合併症としての過敏性腸症候群/
 〈7〉日常生活の中で

★一覧へ


書名

健康は心と体で感じるここちよさ
 ―子どもの生活リズム・自然治癒力

免疫力を高める生き方・食べ方・暮らし方

著者名

並木望

定価

本体1238円+税

ISBN

978-4-89579-324-7

判型

A5

96

発行日

2008/11

開局薬剤師・学校薬剤師として25年、病める人たちや多くの子どもたちの悩みや疑問を聞きながら、誰もが安心して子育てができるように、本当の豊かさと健康の意味を考える―誰もが自然治癒力を持っています。主人公は患者、医療は手助け、そしてそれを支えるのは基本を大切にした生き方、生活リズムです。

主な目次

1章 本当の豊かさと健康を求めて
  根っこを大切に育てながら
  自分の体を理解しよう
2章 子どもと生活リズム
  子どもたちの体の変化
3章 医療現場の片隅から
  誰でも自然治癒力を持っている
  重症アトピーのK君と共に
  経験と愛情の裏打ちがあって
 ちょっといい話―健康ニュースより

★一覧へ


書名

免疫力を高める生き方・食べ方・暮らし方
 ―自律神経と白血球の働きが大切

免疫力を高める生き方・食べ方・暮らし方

著者名

安保徹

定価

本体1333円+税

ISBN

978-4-89579-315-5

判型

A5

112

発行日

2007/9

高血圧・糖尿病などの病気や、朝ごはんが食べられない、アレルギー、低体温、だるいなどの症状には、自律神経と白血球の働きが大きく関係しています。子どもから大人まで元気にすごす、「免疫力」の高め方を免疫学の第一人者である著者が提言。

主な目次

第1章 免疫力で子どもを強くする

無理・悩み・冷えが病気の原因だった―交感神経緊張による病気/のんびり・ゆったりも行き過ぎは病気への道―副交感神経優位の生き方による病気/白血球はからだを守る専門家/不思議な人間のからだの働き―交感神経と副交感神経のリズムとバランス

第2章 免疫力を高めるために

現代医学の弱点/多くの病気は生き方の無理から/甘いものと高血糖そして逆に甘いものと低血糖/痛みについて/斉藤章の「生物学的二進法」の出発点/夜ふかしと朝食抜き/風邪薬/からだを鍛える/皮膚の働き/生物の進化と人間の特徴/日本人と医療/自然治癒力の本体/医療の未来/医療の未熟さと国家の未熟さ

★一覧へ


書名

ここが“おかしい”!?子どものからだ

ここがおかしい!?子どものからだ

著者名

野井真吾

定価

本体1000円+税

ISBN

978-4-89579-312-4

判型

A5

96

発行日

2007/7

低体温、背中ぐにゃ、意欲がない、キレやすい…今、子どものからだと心がどこか“おかしい”…!?現在の子どもたちを調査したデータ満載、科学的に統計・分析、子どもの“脳”との関わりを示しながら、大人の役割がわかります。今日からの実践で、子どもも大人もイキイキ変身!

主な目次

T はじめに(ちょっと気になる子どもたちの様子)  
◆子どもの“からだ”が「ちょっと気になる」「どこかおかしい」
 体温が低い日本の子どもたち/体温調査で教えられた3つのこと/
 体温と通学意欲の関係/他
◆子どもの“心”が「ちょっと気になる」「どこかおかしい」
 心は前頭葉に/「不活発型(そわそわ型)」の子/「抑制型」の子は
 キレる?/いま必要な取り組みは?/じゃれつき遊び/他
◆まとめ(元気になった子どもの様子)
 仮説的提案@健康生活は成功のもと!
 仮説的提案A興奮は成長のもと!
 仮説的提案Bからだの科学者・主人公に!
 仮説的提案C危険可能性という予防原則を!
 子どもの様子が変わった!?/大人も元気になりましょう

★一覧へ


書名

免疫力で子どもを強くする
 ―食・笑い・睡眠・運動が育むこころとからだ

免疫力で子どもを強くする

著者名

食べもの文化編集部編

定価

本体1000円+税

ISBN

4-89579-302-8

判型

A5

96

発行日

2006/08

免疫力ってなに?なぜ今ブームなのか?健康食品や薬に頼るのではなく、元気の基盤は実は毎日の生活。生活をステップアップし、生きぬく力を高めるヒント・アドバイス満載です。

主な目次

◆なぜいま免疫なのか  安保徹
◆心とからだと免疫  志村正子

 免疫の発達/アレルギーと免疫との関係/心と免疫/他
◆笑いで免疫力を高める  昇幹夫
 一緒にうたう、いっしょに食べることの大切さ/他
◆食べもので強くなる  根本悦子
 春の芽吹き/夏の野菜は彩り豊富/秋の実りはいのちを延ばす/冬の寒さにそなえる/他
◆生体リズムから強くなる  神山潤
 眠りのしくみを知る――生体リズム、生体時計/「夜ふかし朝寝坊」にはこんな問題がある/他
◆スポーツと免疫  小川貴志子
 運動したときの免疫反応/運動の強さと日常的な運動習慣の影響/栄養・水分補給の重要性/他
◆じゃれつき遊びのすすめ  編集部

★一覧へ


書名

なぜ疲れているの?子どもたち
 一元気になる食と睡眠、そして遊び

なぜ疲れているの?子どもたち
品切れ

著者名

食べもの文化編集部編

定価

本体1000円+税

ISBN

4-89579-265-X

判型

A5

96

発行日

2002/07

疲れるってどんなこと?疲れている原因は?どうすれば元気になるの?生体リズム・食事・心の面から疲れ解消のヒントを提案します。

主な目次

(1) 子どもはこんなに疲れている 保健室に来る子どもたち/データからみる子どもの疲れ/他
(2) 子どもが疲れるとはどういうことか どうして「疲れている」と感じさせるのでしょう/
   抑うつ状態にはどのように援助すればよいのか/他
(3) 生活リズムの狂いが生体リズムの狂いへ リセットに重要なのは朝の光/日本人はみな睡眠不足症候群?/他
(4) Q&A 食べもの・食べ方と「疲れ」の関係 子ども用「疲労回復商品」の効果は?/自然体験の大切さ/他

★一覧へ


◆ 朝食

書名

はじめよう朝ごはん

はじめよう朝ごはん

著者名

食ベもの文化編集部編

定価

本体1238円+税

ISBN

978-4-89579-318-6

判型

A5

112

発行日

2008/12

「朝、起きるのが遅いので食べる時間がない・・・」「食欲がない・・・」幼児の1割は毎日朝食を食べていません。園で使える朝ごはんアドバイスブック!保護者へ、朝ごはんの大切さ、カンタン朝ごはんレシピを伝えるのに役立つ1冊。いま朝食を食べていない人向けから、ワンランクアップレシピまで、朝食の献立約80点掲載。

主な目次

1章 朝ごはんと子どものからだ
   なぜ朝ごはんが必要なの?  倉信均
   保育園の実践・朝ごはん食べられたよ!
     上野芝陽だまり保育園/ふじみ野保育園/玄海・風の子保育園
   データから見る朝ごはんの実態  「食べもの文化」編集部
2章 朝ごはんステップアップレシピ
   まずは何かを食べましょう 「食べもの文化」編集部
   季節ごとの味噌汁、かんたんスープ 上橋俊子
   朝ごはんかんたんレシピ春夏秋冬
   【超かんたん】献立・【がんばり家族へ】献立 西田奈保子
3章 お便りにすぐ使える 朝ごはんは大切!

★一覧へ


書名

朝ごはん大好き! 子どもに人気のカンタン朝ごはん

★★大好きシリーズの項をご覧ください★★

★一覧へ


◆ 生活リズム

書名

ここだけは押さえておきたい
子どもの眠りの大事なツボ

ここだけは押さえておきたい 子どもの眠りの大事なツボ

著者名

神山潤

定価

本体1200円+税

ISBN

978-4-89579-375-9

判型

A5判

112

発行日

2015/7

日本の子どもの睡眠事情のデータや、なぜ子どもに十分な睡眠が必要なのかをわかりやすく説明しています。さらに、夜気持ちよく寝るための具体策「押さえておきたい大事なツボ」を紹介します。Q&A付。

主な目次

1 日本の子どもの眠りの現状
2 赤ちゃんの眠り 基本のき
3 子どもの眠りとリズム
4 睡眠時間を考える
5 眠りと関係するホルモンや神経伝達物質
6 子どもの行動と眠り
7 さまざまなデバイスとのおつきあいの仕方
8 夜ふかしの問題点
9 スリープヘルスの6カ条+α
10 注意したい睡眠中の症状
11 尽きない悩み―夜泣き
12 睡眠蔑視社会日本
13 子どもの眠りは大人の眠りを映す鏡
Q&A

★一覧へ


書名

早起きリズムで脳を育てる

早起きリズムで脳を育てる

著者名

成田奈緒子

定価

本体1800円+税

ISBN

978-4-89579-349-0

判型

B5判

112

発行日

2012/04

睡眠と生活リズムで、子どもが変わる!朝から遊びや勉強に集中できる子どもにするため、脳のしくみを知って科学的に子育て!

主な目次

こんな子を「脳が良く育った」と思っていませんか?
1章 脳のつくりとは
   古い脳と新しい脳/生命の維持は、古い脳の仕事/古い脳をしっかりと
   つくる/「こころ」も、一階と二階/いきなり前頭葉から育てることは
   できない
2章 乳幼児期の脳育てを間違っていませんか?
   古い脳(=からだ)は五感からの刺激で/新しい脳(=脳)の始動は
   小学校/こころの完成は中学校以降/乳幼児期から「いい子」には
   なりません
3章 セロトニン神経を育てれば大体うまくいく

   本当に頭が良い子を育てるためには/セロトニン神経を鍛える五か条
4章 脳育て失敗した?大丈夫、つくり直せます
   
古い脳を変えるには生活習慣と運動/新しい脳を変えるには言葉と運動
5章 「発達障害」も脳とこころと身体のバランスで考える
   設計図のミスで生じる発達障害/刺激を与えることで、神経細胞に
   迂回路をつくることができる 他

★一覧へ


書名

早起き・早寝・朝ごはん ―生活リズム見直しのススメ―

早起き早寝朝ごはん

著者名

鈴木みゆき

定価

本体1800円+税

ISBN

4-89579-289-7

判型

B5

104

発行日

2005/02

生活リズムが乱れている子どもは三角形が書けない? 「早起き」「早寝」「朝ごはん」がキーワード、豊富なデータとともに伝えます。すぐにできる生活リズム改善のアイデア満載!生活リズム見直しに取り組む保育園の実践も紹介します。

主な目次

1章  早起き・早寝・朝ごはん_生活リズム確立の援助
1 現代の子どもたちの生活リズム
  子どもの眠りが危ない/昼間、脳が目覚めるために睡眠がある/他
2 子どもの睡眠―覚醒〜全国調査から
  「寝かしつける」はしつけ/朝の光、朝ごはん、人との関わり/他
3 生活リズムの改善へ向けて
  三角形を描けない子どもたち/生活リズムの改善へ向けて/他
Q&A 早起き・早寝・朝ごはん
2章  おひさまだいすき!―保育園の生活リズムプロジェクト―
足立区立弘道保育園の実践より
  子どもの変化/保護者へのアプローチ/他
3章  眠りのお話&歌遊び手遊び
  歌遊び・手遊び 楽譜&遊び方/眠りのお話 おもちゃのおねがい/他

★一覧へ


書名

子どもの睡眠 ―眠りは脳と心の栄養

子どもの睡眠―眠りは脳と心の栄養

著者名

神山潤

定価

本体1000円+税

ISBN

4-89579-276-5

判型

A5

96

発行日

2003/07

睡眠不足は子どもの疲労、イライラ、食欲、集中力低下、また肥満になる傾向も。眠りの作用を科学的に分析、学校の教育課程にはない「早寝早起き効果」がわかります。保健士さんの実践も紹介。

主な目次

“遅寝はいけない”を科学する6ヵ条
眠りは心と身体の大事な栄養―見直して欲しい大人の役割
さまざまな概日リズム/睡眠・覚醒のリズム/睡眠中の身体の動き/日本の子どもたちの睡眠事情/睡眠時間と健康/睡眠と脳の発達/昼間の活動と睡眠/遅寝がもたらす心身への悪影響/「寝かしつける」はしつけのひとつ/他
「早起き」ってこんなに大切なんだ
保健師さんの取り組みから

★一覧へ